リムに傷が、、、

走行中にブレーキとともに
「シュッシュッシュッ」というわけです。

う~ん、リムになんかついたかなぁと思ってよ~く見てみると、
P8193724
確かに傷です。
結構気に入って大切に使っていたのに、、、
(フルクラムレーシング3です。)

この前のグラベルとか段差越えや結構苛酷に大切に使っていたんですが、、、
ということでとりあえず応急処置としてバリだけは取ってしまおうということで、
P8193728
耐水ペーパー♯800ですね。
あらすぎるとあっという間にリムがすり減ってしまうので細かめのこちら。

でお水を少々たらしまして、バリをとる目的になりますので
優しく優しく磨いていきます。
P8193730
こちら研磨3分後ぐらいの傷後です。
今回の目的は【バリ取り】ですので傷を全消しはしません。
♯800でも十分すぎるぐらい削れます。削りすぎにご注意を。
レーシング3のリムは想像以上に柔らかい素材でできていました。
指で撫でてもなめらかでバリは感じられません。

こういったときは目で見るよりも指先で撫でて確かめるのがいいです。
目よりも微細な感覚を持っているのが指先です。


タイヤにも傷もなく浅めの傷だったのでこれにて応急処置終了。

重要なことですが、こういった異常があった場合は必ず
反対側(周辺部)も確認が必要になります。
・リム→パッド→タイヤ
・チェーン→スプロケ→チェーンリングなどです。

ということでパッドも確認しましたが、幸い問題はありませんでした。
しばしこれで使用してパッドの減りやリムの状態を確認して
ダメそうであれば全面がっつり研磨しようと思います。

ということで大したことではないのですが、
リムの小傷の研磨のお話でした。

これ本当に研磨しすぎにご注意ください。
めちゃくちゃリムの金属は削れやすいです。

========================================

8/20追記です。

かなり細かいことですが、新品のホイールのリムの表面をよ~く見ると
回転方向に溝があります。
P8193726
※この画像だと縦方向に【スジ】が見えます。
指で撫でるとよくわかりますが、確かに【溝】です。

これはフルクラムもシマノも同様に入っています。
これ何のためかなぁと、、、ひょっとしたら
・排水性を高めるため?
・シューとの間に熱がこもりすぎないため?

と本当に細かいことですが、気になったので確認してみました。

結果は【溝は待ったくなくなっても問題ない】とのことです。
この【スジ(溝)】は研磨の際にできるものだそうです。

ということでこんな細かいところが気になってしいましたが、
情報が全然なかったので確認いたしました。

これで安心してつるつるに研磨できますね。
注)くれぐれも研磨のし過ぎにはご注意ください。