ロードバイクのポジション調整について


ロードバイクのポジション作り、、、それはハマればハマるほどどんどん深みに落ちていく、、、まるで沼のようなお話しです(笑

ロードバイクを購入時にポジション調整・フィッテングしてもらってから一度もいじっていない人もいるのでは?

ロードバイクはフレームサイズがほとんどのメーカーで20mm刻みと細かくサイズを選べるようになっております。
サイズはロードバイクを購入する際にお店独自のフィッティングや店員さんに選んでもらえると思いますが、それで終わりではない。というところがワタクシの考えるロードバイクのポジション作りです。


ポジションは各所自分の体にあわせて物凄く細かく調整ができるようになっております。

自転車でのポジション調整といえば【サドル高調整】これを想像する方が多いと思いますが、もちろんこれだけではありません。
乗車中に体に触れる部分はすべて細かく調整ができるようになっているということです。

ポジション調整が可能な3つの【ル】
・ハンドル
・サドル
・ペダル

各所前後左右に加えてアングル(角度)の調整ができます。

こんなに細かく調整ができるようになっているのに、ロードバイクを乗っていく上で自分に合わせてポジションをいじらないということは本当にもったいないことです。



フレームは前述のように殆どのメーカーで約20mm刻みのラインナップとなっております。
その中で自分に合うサイズのフレームを購入するわけですが、当然フレームは購入後にフレームサイズは調整したりすることはできません。
慣れた店員さんならお話しを聞いて、体の寸法をちゃちゃっとはかって適正サイズを選んでくれると思います。

逆に言えば20mm刻みなんて言うロードバイクのフレームは選択幅がそこまで広くないんです。
あくまでもジオメトリーも含めて【既製品】という概念です。

これを【オーダーメイド ロードバイク】のように自分にすべてを合わせるべく作り上げていくのが、ポジション調整・フィッティングということです。

つまりロードバイクは既製品でありながら【オーダーメイド】の様に細かくポジション調整をすることができる。ということです。


しかし注意点が一つ。いくら細かくセッティングができるようになっているとは言えフレーム本体はヘッドチューブ等の長さを変えることができない部分があるということです。
ビアンキの場合530サイズで、センプレB4P(レース向け)が130mm、インフィニートC2C(エンデュランスレース:長距離向け)は155mm。その差にして25mmも差があります。
ここはハンドルの高さに直接影響があります。同じ530サイズでもセンプレとインフィニートではコラム部で25mm分(実際には少々差がありますが、、、)下方向に付くということです。
25mm分のスペーサーって結構厚みがありますね。
コンフォート系のロードバイクはヘットチューブが長めにとってあるので、乗車姿勢はアップライトになりやすく、深い前傾姿勢が作りにくいです。逆にレース用のバリバリクイックなハンドリングなヘットチューブの短いフレームはハンドルは低くなるように設計されています。
上げるにしても下げるにしても限界と言うものがあるということです。

つまりフレームを選ぶときはしっかりと用途も合わせて考える必要があるということです。
コラムスペーサーを大量に放り込んでもいいのであればあれですが、あまりにも多すぎるスペーサーは、少々見栄えが、、、


▶フィッテイングサービスとは?

おそらくしっかりとしたフィッテイングサービスって、計測値を出すだけでは終わらない気がするのはワタクシだけでしょうか、、、
ステムは大体70mmから140mmぐらいまで5~10mm刻みでズラッと並べて、角度もズラッと、、、計測値に合わせて組み付けて、調整して、、、乗って、、、調整して、、、
これがフィッテイングサービスだと思うんですよネ。
計測するだけではあくまでも「測定サービス」であってフィッテイングでは無いと思うのはワタク氏だけなんでしょうか。。。。だって、眼鏡屋さんで見えづらいときに視力を再度測定するのはきちんと視力にあったメガネがほしいからでしょう。
結果がでて「はい、さいなら~」ではなくて、レンズを選んで、実際にかけてみて、更には鼻あてや、耳の部分もきちんと調整してもらって、それでフィッテイング完了となるわけだと思うんです。

ただしロードバイクでこれをやりだすと結構な金額になってしまうとは思うのですが、是非折角高い金額を払ってフィッテイングを受ける場合はステム等のパーツが交換になった場合、実際にかかる費用(パーツ代・工賃)等は?そんなことまで考慮してやるといいと思います。


では実際にどのタイミングで行うのがいいのかというと、ワタクシはロードバイクは全く初めての頃にはあまりにもお値段の高いフィッテイングサービスは行わななくてもいいのではと思います。

運動は繰り返し続けることによって体の柔軟性や筋力がどんどん向上していきます。自転車乗りならば自転車に向いた体に、サッカーならサッカー向けに、野球なら野球向けの体が作られていくということです。

ロードバイクは乗れば乗るほど【手足が伸びる】と言われています。
つまりポジションを何もいじらずに最初のままだと窮屈に感じてしまう事があるということです。

逆に最初から長年乗っているベテランライダーと同じポジションを作ってしまうとハンドルが遠すぎたり、サドル高があわなかったり。。。

ショップである程度初心者向けのポジションをざっと出してもらってとりあえずどんどん乗ってみる。そしてある程度乗り込んだところで不満が出てきた頃にしっかりとしたポジション出し・フィッテイングを行ってみると言うのが1番効率的な方法かと思います。

それでも乗り込んでいけばどんどんポジションが変わっていくことがありますし、不満が出くることもあります。
あまりにも高額すぎるフィッティングをしてしまったが故にそれが100%の正解と思い込んで、全くポジションをいじれなくなくなってしまうのは、本末転倒ではないかと思います。

金銭的に余裕があればいいとは思いますが、もしも限らえたお小遣いで細かい調整を行いたいのであればフィッテイングに3万円かけるのであれば不満が出たときにすぐにステムやハンドルを交換できるようにしっかりと貯金しておく、、、そんな選択も自分で交換作業ができるのであればありだと思います。

もちろん正解の場合もあるでしょうし、時間が立つに連れて「やはり合わないなぁ、、、」そんな場合もあると思います。

そしてこういったものには絶対的な正解が無い、という事があります。

プロでも少しずつ少しずつものすごく細かくポジションを調整する選手もいれば、何年も変わらない選手もいるでしょう。そればかりは個人の好き嫌いやこだわりもあると思います。


ワタクシは必ずフィッティングの際にお話しをさせていただくことがあるのですが、
・人間の体は左右対称にできているようで、左右対称ではない。
・ポジション作りは一回やって終わりではなくて、どんどん変わっていくもの。
・100人いれば100通りのフィッテイングがある。

ということです。

人は手足の長さも柔軟性も筋力もバラバラですので同じ身長体重だったとしても必ず適正ポジションは変わってくるはずです。

左右差を正して「50:50が理想!」こう言われていることもあるとは思いますが、ワタクシは勝手に思っていますが、左右差はあってもいいと思います。
利き手があれば利き足もあり、体は左右対称のように見えて筋肉の付き方も、柔軟性も少なからず左右差があります。極端な事を言ってしまえば手足の長さだって左右差はあります。
得意なところを伸ばさない、苦手分野を克服するということは、、、【出る杭は打たれる】から始まる平均が大好きな日本っぽい考えかもしれません。良いとか悪いとかのお話しではありませんヨ。。。

ペダリングにしても世界のレースを見ていても、う~ん、、、不思議な選手もよく見かける事があります。
お尻ポンポンはねているのにめちゃくちゃ速いです。。。多分こういった選手は逆にお尻が絶対に跳ねないように、、、なんて無理くり修正したら全く勝てなくなってしまう、、、そんなこともあると思います。

当然体の故障が出てしまうほど極端なことはまずいとは思いますが、ある程度の左右差や癖のようなものも全てを否定することもないのかと思います。


またポジション作りでもう一つ大切なことは
【何を目的にロードバイクにのるか?】というところです。

ロングライドやサイクリング、、、快適に乗りたい方にレーシーなポジション作りは合いません。逆にスピードを出したいのであれば快適性を少し犠牲にしてもスピードにふったポジションを作っていく必要があります。

またそこそこ速いペースでも普段走る距離が短い距離であればこのぐらいのポジションでも耐えられるが、長く乗るのであればもう少し楽なポジションに変更したい、、、、

もうこうなってくるとドツボにはまってきますが、大切なのは目的に応じたポジション作りということです。

100人いれば100通りのポジションがあります。



そしてポジション作りと言うものはどんどん変わってくることに対応できるようにしておく必要があると思います。

ロードバイクは乗るものであって乗せられるものではありません。

時々、「完全に乗せられてる、、、もう少しこうするといいんだけどなぁ、、、」こんな場面を見かけることがあります。 
極端な話、、、
・完全に肘が伸び切っている・腕が詰まっている。
・がに股・内股ペダリング(・・・ビンディングでガニ股って難しそうですが、、、)


機材側の長さや角度を調整するのは乗り手のためであって機材のためのポジションではありません。
乗り手は【スピード-快適性】をどの程度のバランスで振り分けていくかを検討する必要があります。
その上で乗り手が「このような乗車姿勢を作りたい。」そんな希望に合わせて機材を適切な長さ・角度に調整することがフィッテイングということであると思います。

もちろん逆もあり、体幹をしっかりと鍛えるためにある程度の前傾、深いポジションを作ってしまうこともあります。強制トレーニングと言うことです。
全く深い前傾を取ることがなければ慣れるできませんので、一定期間体の故障がないように一度ものすごく深い前傾姿勢にしてみる。これで深い前傾姿勢を作る、ということに慣れた上で、再度最適なポジションを出すという方法も無きにしもあらずです。
※くれぐれも故障の内容にご注意下さい。

やはり、奥が深いです。。。正解はたくさん、100にいれば100通りの正解が考えられます。



ポジション出しの基本は【不満を感じる】ことから始まると考えております。

「不満があるからこうしたい!」

では不満をしっかりと感じるためにどうするのか、、、
乗る、乗る乗る!!これしか無いかと思います。

そんなことを真剣に考えるようになるともう少しだけ快適にもう少しだけ速くなれる可能性を秘めているのではと思います。

いじり始めるとどんどんドツボにはまっていきますが、だからこそ楽しいのではありませんか!

おそらくここまでドツボにハマってくるともうお金を払ってフィッティングと言うよりも自分でどんどん試してみるほうが楽しくなってきてしまうかもしれません。

下手すれば1万円あればステム3本ぐらい買えちゃいますしネ。。。

ということでポジション出しのお話しを何回かに渡って過去の記事を掘り出したりして作成予定です。


※本記事はフィッテイングサービスを否定しているわけではありません。
 どのメーカーも膨大なデータから割り出した理想的なポジション設計をもっているはずです。
 それを上手く取り入れることはポジション出しの答えまでのステム3本も買わなくてもいい最短ルートをとることができるかもしれません。
 だめってことではなく、使い方をしっかりと理解をした上で受けるのが大切だと思いますヨ。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★