ロードバイク初心者向け 購入前相談 エントリーグレードのロードバイク選び


ロードバイクの初心者の方がロードバイクの購入、、、どうしよう。。。

いろいろなお悩みがあると思います。

ロードバイクって安い買い物ではありません。

ママチャリが1万円で買えるこのご時世、たかがチャリンコに10万~、、、 

多分奥様にギロッと睨まれてしまうのはロードバイクの価格帯を知らないと、当然の反応なのかもしれません。


ということで情報が溢れかえっているこのご時世、今回はロードバイクの購入前相談、ソレってウソ・ほんと?とかよくある情報をワタクシなりにいつものごとく独断と偏見いっぱいに検証して少々高いお買い物のお手伝いをさせていただこうと思います。





早速本題へ、今回は寄り道、脇道、分かれ道、、、フラフラしながらお話しを進めていこうと思います。


▶まずは予算設定

まずは予算を決めましょう!予算が青天井なんて羨ましい限りでございます(笑

1台目のロードバイクであれば、15万円以下ぐらいの設定が良いと思います。できれば10万前後!

ロードバイクは購入後も消耗品・ウェア・メンテナンス用品等結構お金がかかります。

ということは予算ギリギリカツカツのものを選んでしまうと実際に車体が家に来てからアップアップになってしまうことも。。。ある程度余裕を持った予算組がいいと思います。

詳細はこちらで。。。
初心者の方必見 ロードバイクに必要な物


少し具体的に行きますよ。

▶初心者向けのフレームはだめなのか?

ものにはよりますが悪くありません。

怪しげな某オクとか偽物を疑われるものとか、メーカーがワケワカラン物とかは最初はやめたほうがいいです。



▶初心者向けフレームの特長

・良くも悪くも頑丈(重い)

→多少重量が重くなってもいいので製作コストが安くなります。各メーカー上位機種からの技術をフィードバックしたり、なおかつ重量の制限が上位機種よりも甘く作れます。

多少重いですが、フレームの強度、剛性的にはエントリーグレードが1番頑丈というメーカーもあります。

初心者のうちは転んだり、倒してしまったり、、、色々なことを経験する時期でもあります。

そんなときに一発でぶっ壊れちゃうものよりもしっかりとロードバイクの楽しみを味わえる物。そんなものがやはりワタクシはおすすめしたくなってしまいますね。

最初の頃はいっぱい転んで、いっぱい怪我して(しないことにこしたことはありませんが)、それでも楽しくて、、、そんな思い出をいっぱい作れる相棒がいいと思いますヨ。


高いフレームは頑丈!←これは見方によってはウソってことです。



整備の面から見てみます。

比較的安い車体のほうが整備難易度が低い傾向にあります。

最近の傾向として【シフトケーブル、ブレーキケーブルがフレーム内を通る】こんなフレームが増えてきています。

これはいいか悪いかといえば、、、ワタクシはあまり好きではありません。(-。-) ボソッ

寧ろ整備性がとても悪いし、整備の初心者の方にはおすすめしづらいものです。


しかし、しかしデスヨ、、、今後の流れとしてどんどんケーブルの内蔵化は進んでいくと思います。

実際にいじって、触って、ぶっ壊して、、、それをしないと整備を覚えられないこともあります。

内蔵式のフレームのための技術は内蔵フレームをいじらないと身につかないということです。

苦労して苦労して自分なりに最高の方法を見つけていくためには、昨今のケーブルのフレーム内蔵化が進む中では避けて通れない道であるということです。

・出口が鬼のように狭ければどのように通したらいいのか?
→ライナー菅を使う。

・もしも抜いてしまったらどうする?
→掃除機?(笑

・初期伸びは
→レバー操作。。。ディレイラーを、、、、

こんなコトを悩みたくなければ、ケーブル内蔵のフレームは避けたほうがいいでしょう。

逆に挑戦したいドMの方は内蔵式フレームでもいいと思います。

また「整備は全くお店にお願いしちゃうぜ!」
そんな場合はどっちでもいいと思います。少々工賃が高くなる可能性はありますが、、、


▶フレーム素材

フレームの素材はエントリグレードでも最近はカーボン製のものもラインアップされています。

もうこれは御存知の通りですが、カーボンの利点です。

・錆びない
・軽量
・乗り心地がいい

なんてことがよく言われています。

大体間違いはありませんが、場合によっては鬼のように硬いカーボンもあります。

→エントリーグレードのフレーム素材

・フルアルミ
・フォークのみフルカーボン+アルミフレーム
・フォークのコラム部のみアルミ、その他カーボン+アルミフレーム

一部にカーボンをつかって乗り心地を良くしたり軽量化を狙う場合もあります。

値段はカーボン部分が多くなればなるほど高くなる傾向にあります。


どのように選ぶかというと、お財布状況と使用状況をよく考えるのがいいと思います。

カーボンは軽量で耐腐食性に優れますが、ぶつけたりする衝撃には弱い傾向あります。

駐輪場に止める機会があるような使い方であれば多少重くても頑丈なアルミのほうがいい場合もありますし、重厚なカーボンは下手したらアルミよりも固い場合も、、、ケースバイケースでしょう。

しかしエントリーグレードのカーボンは結構分厚く頑丈に作られている場合もあります。

どのぐらい耐えられるかというと、、、種類によってまちまちです。。。




▶初心者におすすめコンポーネント

これは2つの面から見る必要があります。


→実際に乗ってみるとどうなのヨ?

SHIMANO製のコンポーネントは本当にいいです。

SORAだってTiagraだって整備次第ではガンガンゴンゴン変速できます。


→メンテナンス性

メンテナンス性を考えればすべてシマノ製であることをおすすめいたします。

ワタクシはロードバイクの楽しみはいじることも楽しみの一つだと考えております。

自分で実際にいじるとなるとシマノ製は小さなパーツの入手から、整備性に至っても非常に勉強になります。

クランクだけ社外製であったり、ブレーキだけ社外製の完組車はよく見かけますが、おすすめはコンポーネントがすべてシマノ製であることがいいと思います。
(価格を抑えるために一部を社外品に変えることはよくあることです。)

グレードは如何に?というお話しですが、ソレはSORAでもTiagraでもいいと思います。

クラリス以下になってしまうとBBの規格が変わったり少々めんどくさくなりますのでやはりSORA以上がいいと思います。(現行グレードのお話しです。適合にはご注意下さい。)


ちなみに整備性は原則リア段数が多ければ多いほど難易度が上がっていきます。

11速>10速>9速>8速

許容範囲が狭いということです。


▶コンポは105以上でなければだめ!

→誰が言ったんだか知りませんが、現状のコンポを見て・触って・いじってみてば、【その限りではない】ことがわかると思います。

一昔前はそんな感じはどうしてもなくなかったこともなくもない(←何だそらッ)のですが、現在はその限りではありません。

まったく個人的な意見ではありますが、寧ろSORA以上であればいいと思います。

整備のお勉強というところから見ても、問題なく使えると思います。

・・・SORAコンポの普段使いのカゴ付きを一台作りたいなぁと考えております。( ̄ー ̄)






▶エントリーグレードのバイクの価格は?


エントリグレードのロードバイクの価格は似たようなコンポーネントを使っていてもメーカーによって10万円のメーカーもあれば15万円のメーカーもありますね。

具体的に何が違うかというと、生産体制とネームバリューのようなところがあるように思えます。

同じような装備でも、一流メーカーの名前を入れたり、@@の監修と付けば高額になることはロードバイクだけではなくて、よくあることです。家電なんかでもよくあります。

コスパが良いと言われている某G社のロードバイクは確かにコンポーネントや装備を見ればいいのかもしれません。


▶エントリグレードのおすすめポイント

ワタクシだったら、、、ということのまとめです。

・コンポーネントはSORA以上
・クランクも含めてシマノで統一。
・ブレーキはBR6800に交換してしまうのでなんでもいいです。

(お金が無ければシューのみ船付きへ交換です。)
・ホイールもRS21に交換するのでなんでもいです。
(少々重いですが、しっかりと進むホイールです。)

あとは
・見た目が気に入るか?
・サイズがあったものがあるか?
・実際に見て触って確認できるか?

こんなことが重要なポイントです。

実際に見てみると思いの外印象が、、、そんなことはよくあります。



▶2017おすすめバイクは?


Bianchiですみませんm(_ _)m

SORAグレードの2017モデル【ニローネさん】です!

2016年モデルよりも値下げされています。

更には新型ソラがインストールされています。

フォークは一部カーボン・ケブラー。

もうこれしかありません。

少々重さはありますが、ある意味最強のバイクです。

ワタク氏自信保有しておりますが、最強です。

激しい落車にも耐えられる屈強なフレーム、それは衝撃にもと良いという意味ですし、実際に乗った感じのフレーム強度もものすごくつよく、ものすごく素直なフレームです。
(絶対に壊れないというお話しではありませんが、かなり頑丈な分類に入ると思います。)

中部地方某山にはこれでものすごいスピードで上がっていく鬼が出るとかなんとか、、、(笑


Bianchiでエントリーグレードだったらこれだったら10万円ちょっと!そしてNironeは何よりロードバイクの楽しさを存分に味わうことができます。

ニローネでこれよりも下のグレードだと【クラリス】になってしまうので、最低このグレードがいいでしょう。

余裕があればTiagraグレードや、105グレードも!

楽天でBianchi Nironeを探す

IMAG0947
Nirone・・・かっこいい、、、、

ということで最後はかなりの個人的主観がはいってしまいましたが(笑、初心者の方向け、エントリグレードのロードバイク選びというお話しでした。

ワタクシは初心者ではありませんが、ニローネはもう一台欲しいぐらいいいバイクです。

散々おすすめしてあれですが、Bianchiでなくてもご自身が気に入ったメーカーで「かっちょいい!」と思える、そして最低限の装備のバイクを見つけて実際に見てみる!これがエントリグレード・最初の一台のバイク選びで大切なことかと思いますヨ。

焦らずゆっくり自分の納得いくものを選ぶのがいいでしょう!


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★