普段使いもできる10万以下 ロードバイクのホイールのご紹介

完成車についていくると耐えばAlex(アレックス)リム+シマノのTiagraハブ、こんな組み合わせのものを結構見ることがあります。ハブをシマノ製のものを使っていればメンテナンスもそこまで大変ではありませんし、回転だって、、、そこまで悪くはないはずです。
しかし、しかしです。物欲をものすごく刺激する雑誌の記事であったり、ロードバイク仲間のお話、先輩のカッチョいいバイクにペチッとくっついているなんだかかっこいいホイール。。。もう物欲はとまりません(笑

もちろん完成車についてくるいわゆる鉄下駄ホイール、重量級のホイールから比べたら性能も段違い!?ホイールを変えるとまるでフレームがバケたように乗り心地が変わるということも。。。

しかしホイールというものはあくまでも”消耗品”です。
フレームのようにぶっ壊れるまで使い続けられる、と言うものではありません。

レースにでてコンマ1秒でも前に出るためにウン十万つぎ込む、、、こういった使い方ではなくて、普段のサイクリングが少し楽になる、少し快適になる、自慢のロードバイクがチョットだけかっちょよくなる。今回はそんなコストパフォーマンスも含めたカスタマイズにもおすすめのアンダー10万のホイールのご紹介です。
P6025463



▶ホイールのリムとは?

まずはリムハイトのお話からです。
最近の流行りとしてディープリム(リムハイトが高いモデル)が人気傾向にあります。
なんでかというと、、、かっちょいいから!
と言うのは冗談で、利点は見た目だけではなくいっぱいあります。
詳細はそれだけで莫大なボリュームの記事になってしまいますので省かせていただきますm(_ _)m

ディープリムの有利なところは
・空気抵抗
・リム剛性の向上
デメリットとして、、、
・横風に弱い
・重量が重くなる
・値段が高い
こんなところです。

剛性剛性って、なんかロードバイクのお話ではよく出てくることで、「多少変わったってわからんよっ、」そんなお話もよく目にすることがあると思いますが、個人的な主観ではありますが、意外とわかることが多いと思います。
リムハイトが高い方が構造的に剛性を上げやすいです。
最近のフレームの流行のように太く薄くで剛性アップということです。

横剛性が低いホイールはパワーをかけてダンシングなんかをしたりすると下手をするとブレーキに擦ってしまうこともあります。たわむということです。
円形の物質が転がる際に円形がたわむということ、これはものすごくロスが発生します。


▶リムの素材

リムの素材はざっくりと分けてアルミとカーボンがあります。
どちらもメリットとデメリットがあります。

アルミリムのメリット
・熱に強い
カーボンは熱に弱いです。熱と言って不思議に思う方もいるかとは思いますが、ブレーキング時に摩擦で熱が発生します。アルミのほうが熱に強く、ダウンヒルの長い下りでも気を使わずに好きなようにブレーキングできます。またカーボンリムでは使用できないラテックスチューブを使用できるということも選択の幅が広がるということです。(ラテックスチューブは熱に弱いです。)
・ブレーキ
カーボンは専用のシューであったり、前述のようにブレーキの際に気をつけなければ行けないところがあります。最近のモデルは改善されているかは不明ですが、ダウンヒルで一発昇天、、、断続したブレーキでリムがバキッと逝ってしまったと言うのはワタクシも1例2例のお話ではなくよく聞くお話です。
またシマノ純正のカーボン専用シューは減りが早いです。特に雨の日、、、どろどろなんてこともあります。
・安価
カーボンよりも比較的安価なものが多いです。
ワタクシは常々”ホイールは消耗品”、そんなお話をさせていただいておりますが、乗り方や路面状況によってはホイールはぶっ壊れます。
1秒でも早くなりたいというのであればあれですが、そこまで高くなくてもいいのではと思ってしまいます。肝心なのは少しだけいい機材とエンジンですヨ(笑

カーボンリム
・軽量
基本的にアルミで作るよりも軽くできます。ディープリムなんかは50mmをアルミで作ると前後で1800~1900g位、カーボンだとざっくりと200~300gは軽くできます。
軽けりゃいいってことではありませんが、軽くてもしっかりと剛性を出せるということです。
・かっちょいい
ぶっちぎりにカッコイイです。ディープリムがかっこいいのは言うまでもありませんが、ディープリムではなくてもリムまでブラック・グレーで作られているものはカッコイイです。
所有欲を満たすと言う意味でもカーボンホイールはいいと思います。
床の間に飾ってお酒をちびちび飲みながら眺めるのにも最適です(笑


▶ハブベアリングの構造

ハブベアリングの構造については2極化します。
どちらが優秀、ということではありません。
各メーカーが最適な物を選んで作成しているということです。

・カップアンドコーン
シマノ、カンパ、フルクラムの主に上位機種
・カートリッジ式べアリング
上記以外のメーカー

メンテナンスが大変ですが、メンテナンスも楽しみたい、ということであればカップアンドコーンでもいいと思ういますし、メンテは極力、、、面倒くさいなぁということであればカートリッジ式でもどちらでもいいと思います。
どちらにもメリット・デメリットがありますのでお好みでいいと思います。

もちろん総合的に見てどちらのほうが確実に勝っている、そういったことはほぼありません。


▶ホイールは重量だけじゃない

ロードバイクを選ぶときに先ず見るところ、、、重量という場合が多いのではないでしょうか?
当然ヒルクライムなんかでは”軽いほうが有利”これは有名なお話です。

しかし軽すぎるホイールにはデメリットもあります。
リムはある程度の重量があったほうが巡航が楽です。
スピードに乗ってさえしまえば慣性が働くからです。

逆にリムが超軽量級のホイールは剛性の問題もありますが、回転の落ち込みが早いです。
実際にのっていると足を止めた時の速度の低下が早いということです。

またこれだけもありません。

”進むホイール”ってのがあります。
なんでかこのホイール進むんだよなぁ、、、不思議な感覚ですが、リム、ハブ、スポーク、これだけではなく全体的なバランスが自分の乗り方にあっているとものすごく乗りやすいホイールがあります。

軽いホイールが踏み出しが軽い、というのはよくあることだとは思いますが、進むホイール、この感覚は



▶どこで買う?

通販と実店舗があります。
実店舗の最大のメリットはメンテナンス等の今後の面倒をみてくれるということが最大のメリットだと思います。逆に通販で買ったもんなんて見ない!そんなお店も少なからずあるということです。
またメーカー出荷時でも多少の不具合があることもあります。これらをしっかりと判断して初期整備をしてお渡しする、そんなお店もあるでしょう。
初期費用は少々高かったとしてもしっかりとメンテナンスの行き届いた、調子がいいものを使いたい、何かあったらすぐに持っていきたい、そんな方はお店がいいと思います。

一方通販の最大のメリットはというと、、、値段は基本的に実店舗よりも安いです。
(価格が安いものに関しては送料等の問題がありますので、国内のほうが安い場合もあります。)
最近ではネットの発展により日本の通販と、海外の通販どちらも選択ができます。
日本の通販よりも、海外の通販のほうが物によっては安いものもあります。
こればかりは時期、お店の在庫状況等にもよりますが運が良ければ超激安でゲット、そんなこともあります。
もちろんデメリットもあります。
何かあったときの対応というものがなかなかしにくいということもあります。
万が一何かあった時はお店を探すか、最悪自分で何とかする、コレができればやはり値段はぶっちぎりに安いです。

※海外からの購入は別途税がかかります。


ということで今回はお値段にしぼった海外通販・日本の通販混戦でのご紹介です。
※値段は2017年6月現在のものです。

▶ローリムハイト


ローリムハイトといえば横風の影響を受けにくかったりしますが、最大のメリットは軽量ということです。主にヒルクライムなんかで用いられることが多いです。

・シマノ RS21



コイツはいいホイールです。
なにがいいかって、、、しっかりと進むホイールでこのお値段です。
コレがいいホイールってわかるのは実は結構いろいろなホイールに触れ合わないと気が付きにくいです。重量だけ見ればそこまで軽くはありませんが、進みます。

最大のデメリットはいろいろなホイールを試していないと重量だけで捉えがちになります。そうなるとパッと乗った感じで( ・∀・)イイ!!と感じにくく、余りメリットを感じることができないこともあります。
このホイールは中級以上の方の練習用にもってこいかと思います。

このぐらいの値段のものだと海外通販よりも国内の通販のほうが安いです。



・フルクラム Racing5


フルクラム Racing5 LG

RS21よりも1段階軽いです。
そしてお値段も海外通販がだと5000円ぐらい安いです
最強の練習用ホイールかと思います。

重量:1645g


・カンパニョーロ ZONDA C17


Campagnolo - Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

つい最近C17というモデルに変身した新型のZONDAです。
C17ってんなんぞやというと、ワイドリムです。
25c~のタイヤ幅に対応します。
発売当時はかなり高かったですが、現在はかなりお値段が落ち着いてきています。
国内通販:7万ぐらい
Wiggle:現在4万+αです。

重量:1596g
カップアンドコーン式ベアリング


・フルクラム Racing3


Fulcrum - Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

Zondaと悩む方も多いと思います。
ワタクシが乗った感じだと、ゾンダのほうが若干乗り心地がいいです。
Racing3のほうがかっちりしている感じです。
ゾンダもRacing3も鉄下駄からの乗り換えでその差をしっかりと感じることができると思います。
国内通販:5万ちょっと
Wiggle:4万ちょっと

重量:1555g


少しづつグレードが上がっていきます。

・カンパニョーロ ユーラス


Campagnolo - Eurus (ユーラス) Mega G3 クリンチャーホイールセット

Zondaの上位グレードです。
もう完全に鉄下駄からの乗り換え効果をバッチリ感じることができます。
この辺を買うのであればもうひと踏ん張りしてBORAとか・・・という意見も(;・∀・)

段々と軽くなってきます。
重量:1465g



・フルクラム RacingZero


Fulcrum - Racing Zero (レーシングゼロ) LG クリンチャーホイールセット


ローリムハイトで最強のコスパの呼び声の高いレーゼロです。
乗り心地は若干硬めという声もありますが、リニアな反応でヒルクライムでも圧倒的な能力を発揮します。
2017で25cに対応するべく新しくリムがワイドになったというお話です。

この辺の価格帯のものになると国内よりも圧倒的に安くなってきます。

重量:1518g


・WH-R9100


Shimano - Dura-Ace (デュラエース) 9100 C24 クリンチャーホイールセット

シマノ最高峰モデルの新型のDARA-ACEのローリムハイトホイールも海外通販ではアンダー10万円で購入できます。
軽量チタンフリーボディ、カーボンラミネートリム、カップアンドコーン式ベアリング採用です。

重量:1389g



▶セミディープ

横風、重量、巡航、バランスの取れたセミディープリムです。
重量もある程度抑えられて、登坂も、平地巡航も万能にこなします。
良く言えばオールラウンド、悪く言えば中途半端というモデルです。
大体30~40mmぐらいのモデルがセミディープと呼ばれることが多いです。


・Pro Lite Bracciano A42


Pro Lite - Bracciano A42 アロイクリンチャーホイールセット

まだまだ謎の多いPro Lite製の42mmハイトのセミディープリム、メイドインジャパンのベアリングをつかった100%手組みホイールだとか、、、
コスパは抜群との呼び声も。
コレで4万でお釣りです。。。

重量:1801g


・3T Orbis Ⅱ C35 Pro


3T - Orbis II C35 Pro クリンチャーホイールセット


3Tといえばハンドルやステムが有名ですが、ホイールも出していたんですネ。
35mmハイトのセミディープに、ワイドリム、アルミリムのモデルです。
多分使っている人は少ないので人と被りたくない人向けでしょう。。。

重量:1810g


・Prime RR-38 


Prime - RR-38 カーボンクリンチャーロードホイールセット


全く謎です。
謎のカーボンクリンチャーのセミディープです。
フルカーボンでアンダー10万、、、いいです。
実は結構使ってみたい、欲しいホイールです。

重量:1510g


・Vision TriMax 35 


Vision TriMax 35 Clincher Wheelset


Visionの35mmといえば確か昨年のビアンキのモデルにも採用されていたような気がします。
アルミリムなのに、ブラックのリムを使用しているとあります。
コイツはかっちょいいです!!
最近流行りのワイドリムモデルです。

重量:1630g




▶シマノ RS81-C35


Shimano - RS81 C35 カーボンクリンチャーホイールセット

ヤッパリシマノ!
少々重めでありますが、カーボン+アルミで使いやすさ抜群です。
密かにワタクシも愛用中です。
Wiggleに在庫がないのが残念です。

重量:1631g



▶ディープリム

ガッツリリム高をもち、威圧感抜群、メチャクチャかっちょいいディープリムホイールです。
リムハイトは50mm~ぐらいです。
その分重量では登坂等不利になることもありますが、平地巡航時は有利になります。
とはいってもプロの選手はディープリムでゴリゴリ登っているのも事実です。


・カンパニョーロ BULLET50


Campagnolo - Bullet (バレット) 50 カーボンクリンチャーホイールセット


RS81と同様にブレーキ面アルミ+カーボンというホイールです。
少々重いですが、50mmハイトは平地巡航に有利か。

重量:1755g


・Prime - RR-50


Prime - RR-50 カーボンクリンチャーロードホイールセット


やはりPrimeはディープもありました。
安いです、、、
チューブレスレディで、T700UDです。
ちょっとこれは試してみたいです。。。

重量:1530g


・シマノ RS81-C50

Shimano - RS81 C50 カーボンクリンチャーホイールセット

こちらもアルミ+カーボンラミネートのモデルです。
セミディープ以上はお値段が上がってきてしまうのでアンダー10万だったらRS81になります。
ちょっとだけ重めかと思いますが、そこは、、、

重量:1908g




ということで今回はアンダー10万円、ロードバイクホイールのご紹介でした。

鉄下駄から交換だけではなくて、
「現在アンダー10万のホイールを使用している、次のホイールはどうしようかな。。。」
そんなお悩みの方もいると思います。

個人的な意見としては別の特性を持ったホイールを試してみるということは楽しいし新しい発見があると思います。
Zonda(ローリムハイト)を使用してる
→ディープを試してみる。
少々重いディープを使用している
→軽いホイールを使用してみる。

コレによってどう感じるかが大切だと思います。
もちろん「イマイチなんだよなぁ、、、」失敗もあると思います。
失敗したからわかることもあります。
自分にあったものを探すということは自分にあっていないものを理解するということでもあります。
コレって結構大切なことだと思います。

人から聞いた、見た、コレだけではわからないこともあるということです。
自分にあった最高のホイールを見つけられるといいと思います。

ロードバイクはどんどん乗ることが何よりも大切なことですネ。

+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★