ASS SAVERSを使ってウエット路面走行をしてきた結果

前回のお話はこちらから。


最近の天候は本当に安定しないです。
不意な雨だけではありません。
先月の大雨の影響はまだまだ残っております。

とくに長柄町付近はまだ水分を多く含んでいるようで少しの雨でも川のようになってしまう道も、、、ということで天候にだいぶ不安はあったのですが、気温が高めの日を狙って守護神をつけて走りにってきました。

ということで今回はASS SAVERSを使ってウエット走行をしてきた結果、そんなお話です。



当日の天気はというと朝までは雨が残っていましたが、昼からは回復傾向にあるということでした。
天気予報を信じるのならば、、、(笑)

この寒さの折、あまりにも外を走ることがすっかりと減りました。すると外での走り方を、自転車の進め方をすっかり忘れてしまっています。さすがにちょいとまずいとひしひしと感じ始めてはいるのですが、重い腰が持ち上がらずに。。。さむぅてのぅぅぅ、、、(ृ ु ´灬`)ु

しかし当日は珍しく気温が高め、お昼ちょいちょいぐらいにある程度路面が乾いてきたことを確認します。これは!と地面を這いつくばるモチベーションをなんとか持ち上げ出発です。(#゚Д゚)ゴルァ!!
もちろん念のために守護神、ASS SAVERSを装着です。

ウエット路面はかなり苦手です。
というのも、例の檜原のヒルクライムレースの例のアレから特に嫌です。
まぁ広い通りを選べばかなり乾いてきているので問題ないか、と結構適当に安易な考えで例のごとく14号を南下します。

お昼ぐらいはやはり交通量が多く走りづらいです。
14号を走るのであれば朝方をおすすめいたします。

14号を抜け、茂原街道を抜け久しぶりに長柄方面を目指しました。

大仏通りの紅葉が真っ赤に色づいていました。
とてもきれいですが、あの色を見るとこれからやってくる厳しい冬の到来を感じさせられてちょっと気分が凹みます。

と言うところで、、、ウエット路面、そして雨!(´┐`)エェーー

霧雨から少し肌に感じるぐらいの雨が振り始めました。

長柄付近は雨が多いのでしょうか。
路面は完全ウエット、、、ちょっと山が溶けてきてるし、
約1日以上は降り続いた雨と前回の災害の影響でグズグズなところもまだまだあるようです。

もうこの時点でスゴスゴモードです。

もうしまいには写真とかのんびり撮り始める始末です。。。(ृ ु ´灬`)ुパシャリ,トナ
IMAG0579_R

長柄ダムは水位が異常に少ないように思えますが、コレが普通なのでしょうか。。。

手前に水たまり、、、
そう完全にウエットです。
だからウエットは苦手なんですヲ。

少し進めば乾いているはず!という適当なポジティブシンキングで進むも、、、
IMAG0582_R

普通に霧雨、そして完全ウエット!

IMAG0583_R

そして泥水!
土砂崩れ痕は土がまだまだ流れ出てきております。

完全に道の選択を誤りました。
この後、もっと写真を取れないぐらいのグッチョグチョの泥に覆われた道もありました。
むしろよくこけなかったぐらいの。。。

スゴスゴしましょう。

ということで心がポキ夫くんになり交通量の多い道で帰路につくことに。

帰り道、自宅に向かい国道をまっすぐひた走りますが完全ドライ!(ー'`ー;)ムムム…
往路の道の選択がいくらなんでも悪すぎたようでした(笑)

ということで100kmまで全然満たないぐらいでしたが、田舎のどろんこロードを走って参りました。

ツィッターではちょっと投稿しておりましたが、自転車はこの通り。。。
IMAG0588_R

IMAG0591_R

もう毎週こんなんになっている気が。。。
チェーン内部もジャリジャリですが油切れもなし、エクストリームで良かった。。。
しかし洗車は必須の状態です。

完全にウエットだけではなくて、ドロ水路面も走っているので仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません。
(Uターンはせぬ!という謎のアレが(笑))

で本題のASS SAVERSです。
バイクがこれだけどろどろになれば普通は背中もお尻もどろどろになります。
穴開きサドルは素敵なウォシュレットです。

で今回はどうだったかと言うと、、、

IMAG0586_R

どうでしょう!!

IMAG0592_R

脱いだウエアもこの程度です。

ウェアが白で泥水がわかりやすいですが、ソレでこの状態です。



▶まとめ
ASS SAVERSは1,500円程度です。
汎用性が高くかなりのサドルに装着が可能ということです。
多分ですがもし今、背中やお尻を濡らしている場合は一度使ってみたらもう手放せなくなると思います。

個人的には2019年の中でもトップクラスに入るほどのヒット商品だと感じました。

ということで今回はASS SAVERSを使ってウエット走行をしてきた結果、もう完全に手放せない殿堂入り!そんなお話でした。




++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合katわせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから