仏式バルブ構造 チューブレスバルブの動きの悪さの原因と改善

チューブレスレディはシーラントを使います。
シーラント剤の中には耐パンク性を高めるために粒子入りのものが存在します。いわゆる粒入りシーラントです。パナレーサーのシールスマート、Stan'sのレースシーラント等です。

これらは主にバルブからの注入を推奨されていないです。というのもバルブの穴をつまらせてしまう可能性があるというということです。

しかしチューブレスバルブの動きが悪くなったり固着したりしてしまう現象の原因はこれだけではありません。
ということで今回は仏式バルブ構造の構造からみる チューブレスバルブの動きの悪さの原因と改善方法、そんなお話にしてみようと思います。




▶仏式バルブの構造
普段空気入れは日常的に行っていると思いますが、構造は?というと、、、というところから始めてみようと思います。

チューブのバルブもチューブレスバルブも仏式であれば基本的な構造は同じです。
rect1897

①左がバルブが閉じた状態です。(赤部分がバルブコア)

②バルブを開放するためにはバルブ先端の小ネジ(黄色)を緩めます。
しかし緩めるだけではプランジャー(弁体)下部の弁(黒)が塞いだままです。

③これを押し込むことでプランジャーごと弁を下げるので空気が通れるようになるというものです。

バルブコアが外れるタイプのバルブは上の画像の一番左が、赤色の部分がバルブコアでこの部分が抜ける構造です。
(画像では省いてありますが、バルブコアのネジの下部にもパッキンがありねじ込むことでパッキンは圧縮されエア漏れを防ぐ構造になっています。)

というのがフレンチバルブの構造です。
これをふまえて今回の本題です。


▶チューブレスバルブの動きの悪さの改善方法
チューブレスバルブは固着したり、動きが非常に悪くなる場合があります。

空気を抜くときから何やらスパッと抜けないです。指を離しても若干エアが抜けているような状態です。
こうなると空気を入れるときも空気の入りが少々おかしく、違和感があります。
エアーはスパスパ入らずに硬かったり、エアゲージの動きが変だったります。

今回はエア漏れとまではいっておりませんが、トラブルの可能性は極力回避しておきたいものです。

というのをチューブレスバルブをばらしてみてみます。

image1910_R

先程の画像の黒色の部分、実際に空気を止めるための弁にシーラントのカスがついていびつな形になっています。

ちょっと剥がしてみます。

IMAG1177_R
きれいな弁が見えてきました。

IMAG1180_R

綺麗にした後はこうなります。
上にあるのはシーラントの固まったカスです。

ちなみに清掃後のバルブの動きです。

驚くほど違うものです。
今回はシーラントのカスの付着は弁の部分のみで、コア内部までは入り込んでいなかったようです。

シーラントカスの付き方によってはバルブコアのつけ外しの際に変な噛み方をしてしまえばエア漏れの可能性もゼロではありません。


▶チューブレスバルブの動きの悪さの原因と対策
こんなバルブのつまりの原因はというところを考えてみます。

これは図があるとわかりやすいです。

rect3197_R
例えばバルブコアを外してバルブからシーラントを入れたときです。

通常バルブ内に大量のシーラントが残ることはありません。
もしも残ったとしても微量のシーラントがバルブ内壁に残る程度です。

コアを戻してコンプレッサーやタンクを使い一気に空気を入れればバルブ内壁に残った微量のシーラントも空気の流れで内部へと入っていきます。(通常のポンプでゆっくりと空気を入れた場合はこの限りではありません。)

心配であればバルブから注入後にバルブ内壁を綿棒等で掃除をしておくことで更にリスクは減らせるかと思います。

しかしです。
このことから考えてみてもバルブから入れたシーラントが弁にあのように固着するかと言うと、、、疑問が残りますし、前述のことからも可能性は低いです。

そもそも論として現在のシーラントはパナのシールスマートでバルブからは入れておりません。

ではなぜあそこにシーラントカスが付くのかと言うと、、、
rect3460

ものすごくざっくりですが、一番左がタイヤ+バルブでシーラントと空気が混在するエリアです。

真ん中は停止時のシーラントの状態です。

そして右が走行時のシーラントの状態ですが、通常走行していれば遠心力でシーラントはタイヤの外側?の内壁付近にとどまっているはずです。とは言ってもシーラントの種類によっては振動で泡立ち液体と言うかブクブクの状態になっているものもあります。

走行していてあの弁の場所にシーラントが付着するとは考えづらいです。

となると、可能性が一番高いのはと言うと。。。空気を抜くときです。

超高圧の状態から空気を一気に抜く場合、シーラントが一緒に吹き出てくることがあります。
・空気を抜くときのバルブの位置
・内部のシーラントの状態や量
等によっても変わってきます。

これらを考えてみるとバルブの弁を汚してしまいそうな可能性が高い状況はと言うと、、、
走行したてでシーラントが流動的に動いている(泡立っている)状態であったり、バルブが上向きの(バルブが下死点付近の位置)にある状態で空気を抜くことであの弁の部分への付着が増えると考えられます。

また今回は画像の弁の部分へのシーラント付着でしたので綺麗に除去できましたが、、、
image1910_R

コア内部にシーラントが詰まってしまった場合は基本的に掃除は難しいので、内部のつまりは交換対象ということになります。
そこまで高いものではないですし、パッキンゴムも劣化をしてきますので、定期的に交換してくことも良い状態を保つことに繋がるかとも思います。
コアだけの販売もどこかで見た気も、、、



ともあれあくまでも今回のことは推測の域でしかありません。
というのも実際の状態、内部を直接見ることができないからです。

しかし可能性として高いのであれば極力避ける、もしくはリスクを減らす手段を考えておくことに越したことはありません。
ということでバルブの動きが悪くならないための対策として、、、

・空気を一気に抜くときはシーラントが落ち着いてから。
・できればバルブは下死点付近では空気を抜かない
ということです。

またすぐにあのような状態になってしまうわけではありませんので、タイヤ交換の際や1年に一回ぐらいはバルブのコアを外して綺麗にしてあげるのが良いかと思います。
その際にには必ずパッキンや弁の部分も合わせて確認をおすすめいたします。

ということで今回は仏式バルブ構造 チューブレスバルブの動きの悪さの原因と改善、そんなお話でした。

※今回のバルブの汚れの原因はバルブからの注入ではない可能性高いですが、あくまでもバルブからシーラント入れることを推奨しているわけではありません。リスクを減らすための方法論としての説明の流れですので、メーカーの推奨する方法で注入することをおすすめいたします。


バルブの長さはホイール構造や使用するポンプヘッドの種類にもよりますが、リムハイト+12~20mmぐらいが丁度いいかともいます。
IMAG1182_R
38mmハイトに約50mmぐらいのバルブです。
++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合katわせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから