世界で戦うプロのパワー② ~アロルドアルフォンソ・テハダ選手のパワーデータ~
image1273

一回目はこちらから。

第8ステージのパワーデータをご紹介させていただきましたが、総合優勝です。

Strava上でパワーデータを公開している選手は少ないですが、その中で第15ステージ、15位でゴールをした、アロルドアルフォンソ・テハダ選手のデータが公開されておりました。
これはまた驚愕するしか有りません。

ということで今回は2回目として、ストラバより、世界で戦うプロのパワー② ~アロルドアルフォンソ・テハダ選手のパワーデータ~を見てみようと思います。



ツール・ド・フランス 第15ステージです。

キャプチャ15
https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/stage/stage15/より

距離は175km、3000m以上のぼりのあるコースです。
序盤の平坦基調、、、とは言っても純粋な平坦、ということではなくて細かいアップダウンを繰り返すような、”平坦基調”のコースで、後半に山岳が待っているコースです。

テハダ選手のこの日のライドデータです。
身長:180cm
体重:63 kg
合計時間:5時間1分
距離:187km
平均速度:37.3 km/h
獲得標高:3562m
仕事量:4573 kJ
平均出力:252 W(4.0 W / kg)
平均加重パワー:299 W(4.74 W / kg)
最大パワー:848 W

キャプチャ154
テハダ選手はこの日はステージ順位で15位でした。

ポガチャル選手のときもそうですが、175km、3500m上って、平均37km/h超えです。( д) ゚ ゚アボーン
体の作りが違うようです。。。

細かくみてみようと思います。
キャプチャ122
前半の”平坦基調”と言われている区間です。
距離: 32.39km
高低差:48m
平均勾配:0%
タイム:37:26
平均パワー:268W(4.25W/kg)
平均速度:51.9km/h

平坦基調と言われてはおりますが、ほぼ上りか下りで、40mぐらいの高低差を繰り返している区間です。51.9km/hって、、、(自転車って人力ですよ。。。)

ちなみに上りに入るまでのいわゆる平坦基調、、、とはいっても細かい上り下りのある区間ではどうかと言うと、
キャプチャ13

距離: 112.8km
高低差:112m
平均勾配:0.1%
タイム:2時間28分
平均パワー:201W
平均速度:45.8km/h
2時間半、平均45km/hです。。。

続いて一級山岳1本目です。
キャプチャ121

距離: 10.84km
高低差:893m
平均勾配:8%
タイム:34:43
平均パワー:357W(5.67W/kg)

2つ目です。

キャプチャ12333
距離: 8.98km
高低差:591m
平均勾配:7%
タイム:26:53
平均パワー:353W(5.6W/kg)

最後の超級です
キffャプチャ
距離: 16.35km
高低差:1179m
平均勾配:7%
タイム:47:10
平均パワー:354W(5.62W/kg)

パワーデータを見る限りでは前回ご紹介した、ポガチャル選手とは違い最後の方でかなり上げるというよりも、一定のペースを保って上っているような数値でした。
それにしても心拍数、平均で139bpmって、、、



▶まとめ
前回のポガチャル選手や今回のテハダ選手のパワーデータから見る限り、世界最高峰のレース、ツール・ド・フランスで戦うような場合、上りで普通に5.5倍以上は必要になる、ということかと思います。(60kgで考えると330Wで5.5倍デス。)単に5.5倍出ればいいわけではなくて連日のレースで、5.5倍をポンポン普通に出しながら登れなければついていけない、ということです。。。
そして各ステージで勝利をもぎ取りにいくような場合、5.5倍では全く足りずに、ざっくりとですが、6.5倍(390W 60kg計算)以上のパワーの出力で上り続ける必要になる、ということかと思います。もちろん瞬間的にはもっとです。

ちなみにテハダ選手のFTPはストラバ上では380Wという設定値です。
63kgですので、PWRでやはり6倍越え!(6.03W/kg)( д) ゚ ゚アボーン
もちろんパワーだけでは有りませんが、それでも( д) ゚ ゚アボーンです。

更にです。。。
キャプチddャ
ストラバの有料会員には相対的エフォートというものが見れます。
相対的エフォートとはパワーと心拍数をもとに、その日に体にかかった実際の負担を数値で表してくれるものです。(TSSはパワー値だけですが、相対的Eは心拍数の数値も加味されます。)
たったの239って、、、(ちなみにワタクシが全力でバーチャル富士ヒルを上ったら65分間で241デス。。。)
5時間のレースでこれだけって本当に化け物です。。。

これが世界のプロレベルということです。
ということで今回は世界で戦うプロのパワー② ~アロルドアルフォンソ・テハダ選手のパワーデータ~、そんなお話でした。


ちなみにこの日の優勝はポガチャル選手で、今回パワーデータを紹介したテハダ選手のほうが3分36秒遅れでのゴールでした。




++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから