OGK AERO R1 CV エアロ系ヘルメットは・・・良い!
text5760
三石山でとってきた画像も、思いっきり逆光で真っ暗でした(笑)

ちゃっかりつぶやいておりましたが、、、
何でもエアロ系のヘルメットを使っている方から、かなり良いヨ!とお話を聞いたもんだったら、それはもう試してみたくなるものです。

ネーミングはもう少し改善の余地がありそうですが。。。同社IZANAGIとか名前だけでもかっこいいですので。

というのはかなりどうでもいいお話で、今回はOGK AERO R1CV エアロ系ヘルメットを買ってみて、現在使用中のLAZERのGENESIS AFと比較をしながらのお話にしてみようと思います。



▶空力性能
エアロ系のヘルメットですので、空力性能が重視しています。
メーカーのページを見てみます。

aeror1_test1 (3)
https://www.ogkkabuto.co.jp/blog/media/2017/12/08/aero-r13.html より 


上の画像は2019年に廃盤となったエアロ系のヘルメットAERO SLを基準として、”時速50km/hで走行した場合の出力差”です。
このよう画像からも、AERO R1はロード用のヘルメットでありながらもAERO-K2、いわゆるTT用のヘルメットを越えた空力性能をもったヘルメットということです。

強いて言うならば、AERO R1はロード用のエアロ系ヘルメットですので、できれば比較に通常の同社IZANAGIやフレアーとの差も数値として入れてくれると良いのと思ったのですが、、、
ちなみに同社IZANAGIやゼナードとの差も聞いてみましたが、やはりAERO R1はロード用のヘルメットと比べても速いとのことした。

ともあれ数値的なお話は置いておくとしても、とにかくR1はエアロ性能的に優れたヘルメット、と言うことです。

▶開封・外観
DSC_4552
現在のAERO R1のラインナップはオーバーシェル付きモデル、もしくはマグネットバックルモデルの2種類のようです。

付属品はこの様になっております。
DSC_4554
・オーバーシェル
ヘルメットのエアロカバーです。
通気性が悪くなる代わりに、空力性能を更に上げるカバーです。
雨の日などには役に立つようです。
・シールド
”メガネとの干渉を考慮”と公式ページにはありますが、ワタクシの場合は普通のメガネでは確実に視界が足りませんので、なかなか難しいです。エアロヘルメットで真正面を向いてライディングはあまりしないと思います。。。個人的にはお蔵入りの予感が。
・その他諸々
ネットタイプのインナー(A.I.ネット)、でこパッド(フロントスペーサー)

DSC_4608
普通にかっこよいと思います。
今回はG1マットブラックというカラーを選びましたが、本当はもう少し白が多いほうが良かったかもしれません。というのもヘルメットはできるだけ白系を選ぶのは、暗くても目立つから、そして夏場の日差しで少しでも涼しくしたいからです。

DSC_4563
細かく見ると要所要所の作りが、イマイチ感が無いわけではありません。

▶比較
LAZERのGENESISと比べてみます。
DSC_4617
このように並べてみるとそこまで大きな差はなさそうなのですが、、、
DSC_4610
裏から見るとその差がわかりやすく、全体の厚みがR1のほうが薄く、GENESISのほうが薄いです。

前方がかなりわかりやすく、GENESISのほうが厚みがあります。
DSC_4614

側面はどちらも薄いですが、R1のほうが若干薄いです。
DSC_4613

どうしても薄いほうが強度に不安が出ますが、そこはOGKですので、薄くても危険ということは無いように作られているはずです。
しかし構造的に例えば前から落ちた時、横から落ちた時、厚みがある方が物理的に地面への接触回避で、顔や耳が守られる感じがしてしまいますが、、、どうなのでしょうか。

ともあれ、きのこを敬遠しがちな日本人としては、スッキリシルエットはもはや必須のデザインとも取れます。このきのこになりづらいスッキリとしたシルエットもR1の人気の秘訣だと思います。


▶重量
エアロ系のヘルメットの最大の弱点は重量です。
エアロ系のヘルメットは重いです。
ちなみにLAZERのロード用エアロ系はBULLET 2.0AFと言うモデルがありますが、Mサイズで360g(カタログ重量)です。

ヘルメットの重量による差は体感済みです。
LAZERのヘルメットでBLADE +AFとGENESIS AFその差は80g程度の差でしたが、驚くほど違うものでした。そして軽量ヘルメットを体感してしまうと、もう重いヘルメットには耐えられなくなってしまいます。

ということで早速実測します。
ちなみにカタログ値はS/Mサイズで205gです。
DSC_4556
実測値 201g
素晴らしいです。

DSC_4557
オーバーシェル込で248g(オーバーシェル重量47g)

DSC_4559
シールドまで込みで290gです。(シールド重量 42g)

IMAG1392
実測で215gのGENESISとの重量差ですが、、、感じませんでした。
どちらも軽量、かなり良いです。


▶実戦投入
先日も140kmのデスライドにも使用しました。
※普通にシールドもシェルもなしの状態で使っております。

①かぶり心地
LAZERのGENESISはAF(アジアンフィット)形状でさらに、頭を包み込むようにホールドできるアドバンスドロールシス、という構造が特徴でもあります。
LAZERのヘルメットはGENESISもBLADEもそうですが、かなりかぶり心地が良いです。

OGKのヘルメットも試したことはあったのですが、どれもかぶり心地がLAZERよりも若干浅めの印象がありました。
(IZANAGIのかぶり心地はものすごく良かったです。)

個人的にはできるだけすっぽりと包まれている感があったほうが好きなので、後頭部のアジャスターはどれも一番下まで下げて使っています。
DSC_4622

DSC_4623
やはりアドバンスドロールシスは素晴らしいです。
かぶった瞬間のフィット感はGENESISのほうが良かったです。

しかし実際にマルっと半日のライドでも使用しましたが、R1もまったく問題がありませんでした。
基本的にライド中は休憩でも、めんどくさくてヘルメットを取りませんので、合わないものは苦痛の固まりでしかありません。頭の形に合わないヘルメットは下手したら、頭痛を起こしてしまうものもあります。そこはさすが日本のOGKです。日本人の頭の形に合うように作られていると感じました。
長い時間の着用でも重さも含めて、全く問題ありませんでした。


②通気性
まず通気性に関してですが、多少頭頂部付近はこもる感じはありますがそこまで蒸れるということは今の所ありません。
DSC_4620
サイドの通気口がR1のほうが明らかに少ないです。
ジャージでも言われているようですが、正面よりもサイド部の風の流れをよくすることがエアロのポイント、というお話なのでしょうか。特許空力デバイス「ウェイクスタビライザーPAT.」もエアロ効果の秘訣とか。
通気に関してですが、GENESISは普通のヘルメットの通気です。
R1ですが、言われてみれば頭頂部の抜けが若干悪い感じがあります。しかしサイド部の風抜けが非常に良いです。ワタクシは最近はヘルメットの下はHALOのヘッドバンドを使用しておりますが、その状態でも横の風抜けの良さをしっかりと感じます。寒い日はしっかりと寒さを感じるぐらいです。

③エアロ性能
おそらくココが一番気になる方が多いのではないかと思います。
ワタクシも一難重視したいところです。

で、どうだったのかと言うと、、、



、、

、、、

多分、いい。。。
いや、いいと思う。

ということです。
滅茶苦茶速い!ということではないのですが、なんと言うか不思議な感じですが、言われてみれば頭だけ向かい風が吹いていないように軽く感じました。ってことは結構空力良い??
また後方確認で振り向く際になんだかすっと抵抗が無いような気がしました。

先日のロングライドでは、ビオレーサーのワンピースの効果もあって、相乗効果でかなり速く走れたとも思います。(はっきり言ってビオレーサーのワンピは異常なぐらい速いです。)
ということはやはり普通のヘルメットよりも速いということなのかと思います。

とは言ってもヘルメットはマストアイテムです。なしではレースにも出れません。
普段のライドでも確実に必要なものであり、やはり少しでも効果があり軽量であること、そして長時間のライドでも気にならないこと、これらはとても大切なことだと考えております。
小さなことの積み重ね、コレも大切なことです。



▶まとめ
OGKのAERO R1ですが、その最大の難点はと言うと、、、みんな使っている!ということです(笑)
レースやイベントもそうですし、Jプロツアーでもかなりの使用率!しかしそれはまた逆を言えば、それだけ性能が良いということとも取れます。良いものを誰も使っていないなんてことはありません。
どんなヘルメットでもオーダーメイドでも無ければ多かれ少なかれかぶってしまうのは致し方がないこと。ということです。

6月に控えている富士ヒル、75分ペースでも平均で19km/hをこえてきます。速度にして15km/h以上であればエアロを重視する!という空力のスペシャリスト SwissSide社のお話ですので、ヒルクライムとは言え、エアロ効果の高いアイテムはタイムを縮めるのに役に立つはずです。
また重量的アドバンテージもなければ、むしろ軽量のエアロヘルメットは選ばない理由が見当たりません。

ということで今回はOGK AERO R1 CV エアロ系ヘルメットは・・・良い!そんなお話でした。

お値段を考えてもコレは良いと思います。



++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから