当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。
Amazonをご利用の際はこちらから、応援をお願い致します。


楽天をご利用の場合はこちらから、応援をお願い致します。


++++++++++++++++++++++++++++
本記事に続く・・・かも!? ちょい記事

ツィッターよりももう少しだけ長い文章で、本記事を作るにはちょっと短い、サクッと読める系、微妙なところを狙っていくカテゴリーを作成してみようと思います。
あいも変わらず、誰がこんなニッチなところ、マニアックな情報、フト思いついたことなど、サッと切り込んで行く予定です。

ということで一発目はこちら、カセット変えました。

11-30Tはなんといっても激坂対策、激坂堪能コースなどではもう無くてはならない超貴重なギアだったわけですが、、、
最近は激坂よりも速度を上げるため、タイムを出すための上り方を練習しています。すると30Tはほぼ綺麗なまま、あまり使っていませんでした。

ということで、いつもきれいな30Tを28Tに変えてみました。

DSC_5200

鹿野山、筑波山と走ってみて思いました。
これは正解でした。

ちょっとだけ油を多めに残してヒルクライム練習をしてみると、どこのギアをよく使っているのか、よくわかります。
またカセットスプロケットを変えた際(例えば小さくした場合)は、ヒルクライムでギアが足りないと感じることがなければ、そのギア比で十分と言うことです。

ちなみに宝竜寺ルートは最後以外、アウターのほうが速かったです。
11-30Tをしっかりと使い込んでからの、11-28Tはしっかりと違いを理解することができました。ビッグプーリーがちょっと気になりだしました。
詳しくは本記事を作る予定です。

ギア比はやはり用途にあわせて、ということだと感じました。

ということでとりあえず今の所、カセットは11-28Tがメインになるかと思います。
富士は11-25??
ちょい記事ですが、ありがとうございました。

11-28と11-30の違いって、、、(笑)

++++++++++++++++++++++++++++
Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから