当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。
Amazonをご利用の際はこちらから、応援をお願い致します。


楽天をご利用の場合はこちらから、応援をお願い致します。


++++++++++++++++++++++++++++
ロードバイクの乗り方とは!? 教本のご紹介
DSC_5544

最近のロードバイク系の本といえば、パワートレーニングでは数値的な管理や、ペダリングに始まりストレングストレーニング等、つまるところ速く走るためのノウハウであったり、そのような本は非常によく目にします。

それ自体は全然悪いことではないと思いますが、個人的には順番が若干変わってきてしまっているところもあるような気がしております。

というのも、まず初心者の方が一番最初に学ぶべき基本的はというと、パワートレーニングとかペダリングももちろん大切なことだと思いますが、同様に他にも大切な事があると思います。

それがロードバイクの乗り方、フォームやブレーキングであったりコーナーリングです。
これは速く走ることにも繋がりますが、まず安全に走るためのスキルだからです。


ロードバイクのトレーニングと言えばペダリング!というイメージは少なからず有ると思います。
しかしペダリング、いわゆるペダルを回すという動作自体は自転車に乗ることができれば、普通にできるはずです。それでもペダリングについて学びたいと思う方は多いと思います。実際に速く走ったり、楽に走ったりすることができるからです。
最近はそのような書籍が多く出版されていますし、動画コンテンツでも多く見られます。

ブレーキングもコーナーリングも同じことでもありますし、プラスアルファとして安全性に走るためのスキルでもあります。
自転車に乗ることができればブレーキング(止まること)もコーナーリング(曲がること)もどちらも問題なくできるはずです。
しかしです。
いわゆるママチャリとロードバイクではフォーム・ポジションも速度域がまったくもって違い、同じことをやると危険が伴います。

では、なぜ危険が伴うのか?
ということを説明できない方も少なくは無いと思います。

本当に安全にブレーキングできているのか?
安全なブレーキのかけ方や、適切な前後のバランスは?そこまでむずかしくないでしょうか。
ではブレーキング時の基本的な動作、体の使い方、足はどう使う?これの説明ができる方はそこまで多くないのではないでしょうか?

またコーナーリングもそうです。
なんとなく上手い人がそうやっているからなんとなく同じカッコ・フォームを取っているだけになっていませんか?
外足荷重はどうやる?なぜ必要なのか?内側の脚は?
コーナーリング中にハンドルを切った時の車体は挙動は?
セルフステアとは?
これらは完璧に説明するのはなかなか難しいと思います。

そんなお話を想像しやすくすると、
同じスピードで曲がっても転ぶ人と転ばない人がいるのはなぜか?
あの人のほうが短い距離で停車できるのはなぜか?
これがライディングのスキルのお話で、同様に練習が必要で大切なスキルだと考えております。


最近の傾向としてパワー、ズイフトとかFTPとかに注目が集まりがちです。
しかしいわゆるパワー、戦闘力がどんなに高くてもコントロールするすべを持たなければ危険極まりない暴走特急です。
いくら速く走れる様になっても、転んだり怪我をしては意味がありません。

ライディングスキルというものこそ、安全に走るため、自分の身だけではなく他人も危険にさらさないためにも必要なとても大切なことです。

そんなときに役に立つ本をご紹介させていただきます。


約10年ぐらい前の書籍ですが、どちらも覚えておいて損はないスキル的なお話がきちんと書かれております。

①バイシクルライディングブック(下のリンク左側⇠)
まずはこちらはその名の通り、基本的な乗り方ライディングフォーム、ペダリングだけではなくて、安全のためのコーナーリング・ブレーキング、そして集団走行や落車等のお話まであります。DVD付きでほぼカラーで読みやすいです。
ワタクシ自身も意外な発見があった本で初心者の方だけではなく、前述のようなブレーキングやコーナーリングでわからないことがある方はぜひとも読んでみると新しい発見があるかもしれません。


②バイシクルトレーニングブックBTB(上のリンク右側→)

基本的なスキルのお話は上の本よりもサラッとですが、それでもスキル的なところでフォーム、ペダリング、コーナーリング、ブレーキングに加えてシフティングも書かれています。もう少し突っ込んだトレーニング系の基本的なことまでが書かれております。
トレーニング系は基本的知識から、心拍計を用いたものが主です。
そしてストレングストレーニングです。
10年も前の本ですが、プランクやスクワット等の今とさほど変わらぬトレーニング内容も書かれています。

どちらもとても良い本です。

プロも練習されているようです。


4:33~速度が上がり、肩を当てています。
こう言った練習を公開されているのはめずらしく貴重な映像です。
もちろん大切なことだから練習をされているのだと思いますヨ。

++++++++++++++++++++++++++++
Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから