富士ヒル関連の記事はこちらから↓↓↓




来る日曜日、富士ヒルです。
初めて出場の方もいらっしゃると思いますので、手荷物預けとゴール後の流れ、下山装備に関してのお話にしてみようと思います。

image823

ワタクシが出場したのは、2019年の富士ヒルです。
2019年の富士ヒルといえば、前日はスカッと晴れて半袖の陽気!しかしです。。。当日はしっかりと雨でした。レース中の強度でもしっかりと雨が降りものすごく寒かったです。そして下りはというと、、、半端ない寒さでした。
ゴールの5合目付近の天候はというと、気温6℃の霧雨でした。

ゴール後は5合目の駐車場の方へ進み、下山装備を受け取って着替えて下山するという流れです。


①手荷物預け時の注意点
まずは前日からの注意ですが、預ける荷物の防水対策をしておく。これ結構重要だと思います。

預けた荷物は当日、ゴール後進む5合目の駐車場に並べられています。
その中から自分のナンバーの書かれた荷物を探して回収するわけですが、もちろん屋外です。
雨が降っていれば荷物は濡れます。
IMAG8001
受付時にこのようなちょっとしっかりとした袋を受け取って、その中に自分の下山装備を入れて預けるのですが、運が悪いと中まで水が入って、濡れてしまうこともあると思います。

またこのビニールは紐がついていて背負えるは背負えるのですが、そこまでフィットするようなものではありませんので、軽量薄手のリュックごといれておくと下りの時にしっかりと背負えて安心かと思います。

※ポイント
下山荷物を受け取る際は地面にナンバーごとに分けられて置かれます。
見ての通り透明の袋なので、中身に派手な色のものを入れておくといざ荷物を回収する時に発見しやすくよいと思います。


②着替えに関して
着替える際はタープのような場所はありますが、時間帯によってはかなり込み合ってしまうかもしれません。(女子はもう少ししっかりとしたところがあるようです。)
ワタクシはタープ外のスペースで軽く濡れたウェアを拭き、防寒着を着込みました。

レース中はワンピースタイプのウェアを使用していたということ、またタープの中は混雑状態で、濡れたウェア(下半身)を脱げる感じではありませんでした。ワンピースはレース中は最高に良いですが、終わった後の取り扱いはやはり少々不自由でした。
上半身(インナー)だけは脱いで、変えの防風インナーに着替え、冬用の防風ウェア上下、冬用グローブ、レインウェアを急いで着込みました。
という着替えもタープの中に入れなければ基本的に外です。雨が降っていれば素早く着替えないとどんどん濡れてしまいます。

とこのように、雨が降ってしまうと途端に鬼のように寒くなりますが、雨がふらなけばだいぶ楽だとは思います。

とにかく風を通さない服装、防風対策品があると少しでも暖かくなれると思います。
乾いていることこそ最高に良いことなののですが、多少体は濡れていても、風が全く入ってこないだけでも幾分マシです。


③下山に関して
下山は5合目駐車場を出て、少し進み(2km程度)トンネルの前ぐらいで整列、グループでまとまっての下山となり、待機時間があります。
この待機時間こそが肝です。暖かければとくに問題ないとは思いますが、雨で風が吹くと地獄のような時間になります。レース後で非常に体が冷えやすい時間帯です。

少なくとも最悪の場合、雨が降って気温一桁で風が吹いてるふきっさらしの場所で待機をすることになる可能性がある。これを考慮した装備が必要になるということです。

待機中はマスクの着用となりますので、マスクを素早く出せるように準備しておくことも必要かと思います。


④下山装備の紹介
もちろん当日気温が高ければ全く問題ないと思いますが、最悪だったときのことを考えて準備はしておくと良いと思います。
・上下真冬用のウェア
・レインウェア
・真冬用のグローブ
・シューズカバー(場合によっては)

ウェア以外では、
・タオル
・食料(痛みづらいもの)
・寒がりな方はホッカイロ
・携帯工具類
等はあっても良いと思います。

基本下りは競うものではありませんので、速度を控えめに降りてきます。多少装備が余ってしまったとしても、寒すぎて凍えてしまうよりかは良いです。

ということで今回は富士ヒルのレース後、下山や下山装備、預かりに関してはお話でした。
当日ワタクシは第4ウェーブよりゴールドを掴み取ることを目標に出走致します。
ご参加の方々、よろしくお願い致します。

+++お知らせ+++
今週末、5日(土)は富士ヒル参戦のため店休とさせていただきます。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
++++++++++++++++++++++++++++
Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから