前回までのお話はこちらからどうぞ↓↓↓


フラワーパワーはひまわりの種から抽出したワックス成分で、競合製品にくらべて、ワックスの濃度が濃く、水にも強く金属への定着性も高いと言う製品です。

早速使用し実走では2回のライドで距離にして200km、室内では2回140kmほど走ってまいりました。
素直な感想と、状態を画像で見てみようと思います。

wax

▶施工後~初回ライド
初回施工は脱脂、乾燥させたチェーンに塗布します。
手間といえば手間ですが、ワックス系はどれも同じような処理が必要な製品がほとんどです。
塗布直後は真っ白で、ギアの歯まで真っ白です。
DSC_4182

数時間後には、、、
DSC_4189
このように乾きます。
色が変わってくれるので、乾燥がわかりやすくてよいです。
乾いたら再塗布と乾燥をもう一度行えば準備は完了です。

DSC_4191
ワックスの成分が固まり、ドライな状態になります。
この状態だとかなり静かで静音性が高いです。

初回のライドは曇り、雨は無しでした。
走り出しですぐにわかりますが、チェーンの音は結構静かです。
普段使っているのがWAKO'Sのパワー、エクストリームはウエット系の油膜厚めルブでかなり静音性が高いです。これらと比較しても気になったり、うるさいと感じることはありませんでした。これはいいかも、と素直に感じました。

変速も全く普通です。
イメージ的にはやはり蝋的なイメージで。パワーをかけながらの変速でも変に滑ったりすることもなくカンカンときまります。踏み込んだときの音、感覚はチェーンに薄い膜が張っているような感じです。

初回ライドは50kmぐらいでしたが走り終えての感想としては、柔らかく油膜薄めのチェーンオイルよりも全然音は小さくなめらかな気がする、と素直に感じました。
はっきり言ってしまうと、実はチェーンオイル系は結構色々と試して入るのですが、この初回で”ごめんなさい”してしまう製品がかなり多いのです。というか、ほとんど。。。(笑)
しかしこのフラワーパワーに関しては、初回50kmのライドでごめんなさい、とはなりませんでした。
それだけでもかなり期待が高いです。

50kmライド後の状態です。
DSC_4290

DSC_4292

DSC_4293
ところどころ蝋のかすのようなもの付いていますが、きれいでドライな状態を保っています。
少々付け過ぎなぐらい塗布した影響もあるのかもしれません。
チェーンがきれいなこともさることながら、ホイールや周辺への飛び散りも全くと言っていいほどありません。さすがワックス系と思しきホイールの汚れはホコリぐらいなもので、ものすごきれいな状態を保てていると感じました。



▶2回目のライドはしっかり雨
雨ライドの詳細はこちらからどうぞ。


2回目のライドでは走り出し、微妙に音が大きかったようにも感じました。
しかし全然耐えられないほどではなく、本当に微妙な差ぐらいでした。

全体:4時間56分
ドライ:3時間
小雨+ハーフウエット:40分
雨+完全ウエット:50分
停車時間:25分
トータルとして雨の中1時間半位走っていたことになります。

走り出してからドライの区間はとくにフィーリングが変わることもなく、ワックス系独特の膜が張ったような踏み心地?回した感じが持続していました。
これは悪いフィーリングではなく、良いと感じていました。

そして雨です。
小雨のウエットから始まり、普通の雨になり完全に体も車体もずぶ濡れになるぐらいしっかりと雨でした。
ウエット系のチェーンルブに比べて、ワックス系ルブは雨に弱い印象がありましたので不安はありましたが、実際に走ってみると不思議と最後までフィーリングの変化を感じることはありませんでした。
しかし普通に雨であまりにもびしょびしょになりすぎて、繊細な部分はわからなかった可能はあります。
また不安だった走行後も軋むような感じもありませんでした。

走行後の状態を見てみます。
DSC_4340
びしょびしょです。

DSC_4341

DSC_4343

よく見てみると、チェーンもしっかりと濡れていますがワックスはチェーンは残っています。
DSC_4348

DSC_4352

ワックス系ルブの雨に弱いイメージが、以外な結果でした。

軽くエアーで吹き飛ばして、あえてそのままにしてみました。
1~2時間ぐらい、洗濯したりしていました。
結果、、、
DSC_4369

DSC_4375

DSC_4371
見ての通り一面サビサビとまではいきませんが、うっすらと錆びました。。。

これはイカンと、洗浄してみました。
DSC_4379
よく見ると洗浄剤にキラキラした、摩耗粉が出ています。

やはりがっつり雨天の走行にはウエット系ではないと荷が重いのかもしれません。
雨の日はやはりウエット系、またはエクストリームなどを混ぜて使ってみる、と言う使い方なんかもできたら楽しいと思いますので色々と試してみます。


▶室内用チェーン
室内用のバイクのチェーンにも少々多めに使ってみました。
DSC_4278

まずは73km 2時間ジャスト、そこまで負荷は高くないぐらいの強度です。
DSC_4402

DSC_4403
さすがワックスです。
ベタつくこともなく触ってもドライです。

音的にはギトギトオイルに比べると若干、ほんの微妙にシャリシャリする音大きいような気がしないわけではありません。しかし普段はローラーに乗るときほぼ100%、イヤホンでアマプラのビデオか音楽を聞きながらです。。。ですのでいつもこんなもの?かもしれません。若干の不安はありますがイヤホンを外してみると負荷をかけない時の音はかなり静かです。
とは言ってもとにかく走り終えてもきれいな状態です。

そのまま2回目のバーチャルライドです。
2時間、かなり負荷を高く乗りました。
音は、、、やはり爆音で音楽を聞きながらだったのでわかりませんでした。。。しかし曲の切れ間などで聞こえてくると音は、やはり気になるほど大きくなっているということはありません。
走り終えてもそうで、このぐらいの距離では音がうるさくなってくることはないようです。

変速等も全く問題なく、カンカン決まりますので気持ちが良いです。
走行後のトレーナー周辺です。
DSC_4433
若干このようにトレーナーの足の部分には、ワックスのかすのようなものが付いています。
余分なワックス成分が飛んだものだと思います。

しかしこれはいわゆるチェーンオイルの真っ黒の油玉のように触ったら真っ黒、、、というものではなく、柔らかい蝋のような塊です。
掃除機や小さいちりとりでも集められるぐらいのものです。

チェーンや歯の摩耗具合はまだわかりませんが、室内での使用はうっかり触ってしまったり触れてしまっても多少は汚れますが真っ黒になることはありませんので、室内仕様ではかなり良さげさと思いました。

また耐久性も300km位ということですので、もうしばらく乗ったら乾いた布で拭き、塗ればよいだけという簡単施工です。
もうしばし使って、またチェーンを洗浄してみてどの程度の摩耗粉が出るかよく観察してみようと思います。


▶まとめ
ということでEffetto Mariposa Flowerpower Wax(チェーンワックス)を試した結果です。
実走、室内ローラー台の双方で使ってみましたが、まず汚れづらいと言うワックスの利点は十分に感じることができました。特に室内ではオイルの飛び散り等に比べたら、ワックスのほうが被害が少ないと思います。
そして静音性も高く、今のところ回転に重さを感じたりということはありません。

またワックス系は雨に弱いイメージがありますが、少しぐらいの雨であれば問題なく走れるということもわかりました。ガッツリの雨でも完全にワックスが流れることはなく、フィーリングが変わらないと感じたのものすごいと感じたところです。

しかし雨天走行後はそれなりにメンテをしてあげないと錆びます。ですのでメンテを前提で使うか、怪しい場合はウエットルブと使い分けるか、ということは必要かと思います。
特に遠征時など、走り終えてすぐにメンテが難しい場合は注意が必要です。

また走った感じの潤滑性能は全く問題がありませんでしたが、今回は雨の中で使用したということもありますが、次回のメンテで摩耗粉がどのぐらい出るのか、こう言ったことも観察していきたいと思います。

ともあれまだまだ試し始めですのでなんとも言い難いところもあり、このまましばらく使ってみようと思います。
ということで今回はEffetto Mariposa Flowerpower Wax(チェーンワックス)を試した、結果悪い印象は少なく今のところ結構良さげ、そんなお話でした。

公式ページ



公式動画


※ビデオのように塗布後ぐるぐる回すと飛び散ります。
優しくまわしてあげたほうが良いです。



++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから