そう言えばその後どうなってる? という”その後シリーズ” その2デス。

実際に使い始めてから、しばらく時間が経って使用していくうちにどうなったのかというのが、かなり重要なところだと思います。
というところの後を追うようなその後シリーズです。

前回のお話はこちらから






引き続き、そう言えばその後どうなってる? という”その後シリーズ” その4です。
image89869

▶OSTRICHの621-1 チューブラーバッグ
チューブラータイヤを持ち運びたいわけではなく、内ももに当たりにくい(干渉しにくい)タイプのサドルバッグが欲しかったのです。


現在でもバリッバリに活躍しております。
マジックテープ2本固定なので不安定化と思いきや、今のところ危険なことももちろん落ちることも一切ありません。
DSC_5792
というのもちょっとした小物入れ感覚でも非常に役に立ちます。
普段の練習のときは小銭入れやスペアのコンタクト、マスク等のいわゆるライドポーチ的な役割で使用しており、富士山のように標高の高い山に行くときはウインドブレーカーを入れています。

というのもワタクシの場合、背中のポケットがあまりにもパンパンなのが走りづらく苦手なのでできるだけ背中のポケットは薄いものを少量にとどめたい、ということも重宝している理由なのかもしれません。

確か筑波山にいったときは沼田屋さんのかりんとう饅頭もお土産に持って帰れた気がします。
軽量ですしサイズ的にもちょうどよいサイズ感です。

▶S-PHYRE トールソックス


控えめに言っても、ものっすごくいい!ずばりこれです。
さすがシマノがシューズに合わせて作ったソックスだけあります。

先日ローラー台でたまには違うソックスを試したところ、、、なんか違う感がすごかったです。
もうこれではないとだめみたいです(笑)
ということでスペアも買い足してあるぐらいの満足感です。
DSC_5072

・・・ものは最高なのですが、お値段が高いのだけがネックです。

▶超軽量 ツールボトル

おそらくツールケースの中ではかなりの軽量モデルと思しき、製品です。

現在はというと、、、
DSC_5662
( ゚д゚)ハッ!
変わってます。。。(笑)

というのも理由があります。
そのツルスベの素肌が少々滑るようで、、、

ボッコボコの道を通過した瞬間発射しそうになったのをギリギリキャッチ!ε-(´∀`*)ホッ
ということがあり、現在はお休み中となっております。

というのもボトルケージとの相性もあると思います。
現在シートチューブが使用しているのは、横抜き用のボトルケージ ZEFAL PULSE Z2です。


このタイプtの相性がいまいちなようで、どうしても激しい振動時にずれてしまったり、下手したら飛んでいってしまう可能性があります。
通常タイプ、まっすぐ抜くタイプのボトルケージであれば問題はないと思います。
ですのでしばらくお休みしてもらっています。軽いのは非常に良いのですが。。。

ZEFAL PULSE Z2はボトルケージ単品で、低い位置につけれますので未だバリバリ重宝しております。

▶IRC S-Light その後



予想通り2000kmオーバーでスリップサインがほぼ消え交換となりました。
DSC_5675

交換までウエットも雨も走りましたが、パンクは一回もなし、エア漏れも少なく非常に良いです。
当初のパンクをしやすい、というイメージが嘘のようです。

タイヤとしても寿命は長い方ではないとは思いますが、それでも安定した強力なグリップ感、鋭い反応性等まさにレース向けで個人的にはかなり好きなタイヤです。


▶SUPACAZ スパG グローブ


Amazonで激安、確か希望小売価格で4000円以上の製品ですが在庫処分か何かで1,500円で売っていたグローブです。
これ、やはりかなり良いです。
完全パッドレスで握りが太くなることもありませんし、ほとんど滑ることがないバッチリグリップです。
そして布地はクラレのクラリーノというもの、これもなかなかに良いものです。

前回の記事にも書きましたが、難点はやはりと言えばやはりですが着脱がしにくく手首の長さが微妙。。。
普通のロングのジャージとグローブの隙間、手首だけが焼けるという悲しい現象が起きます。腕が長いワタクシだけなのかもしれませんが。

それでも1,500円という価格であれば、かなり買いだと思いました。
ということでつい先日また実は在庫が残っていたようで1着買い足しました。Amazonで探したらあったのです

グローブは第二の皮膚のようなものであり、とても大切なウェアだと感じております。

ちなみに富士ヒルもヘルメットだけではなく、グローブ着用の規定がありますのでお忘れのないようにご注意下さい。
ということで今回はそう言えばその後どうなってる? という”その後シリーズ” その4でした。

++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから