GCN Techでこのような質問の動画がありました。

”機械式ULTEGRA(おそらく11速系)を使用しているのですが、Di2へアップグレードする場合は105(R7100:12速)か、ULTEGRA(R8000:11速)のどちらが良いですか?”
Old Ultegra Di2 Vs New 105 Di2: Which Is Better?
と言う質問でした。

確かにこれは悩んでしまうと思いますし、面白いテーマですのでこれを掘り下げて考えてみようと思います。
ということで、今回は機械式11速からDi2へのアップグレードは新型105?旧型ULTEGRA?どちらがよいのか?メリットやデメリット等を広く考えてみようと思います。

※新型105は油圧コンポのみとなっておりますので、今回の比較は油圧のコンポーネントで行いました。
s-rect5500


▶価格差
まずは新型105(R7100)と旧型ULTEGRA(R8000)で価格を並べてみます。
8000

7100

コンポのフルセットで、
新型105:207,415円
旧型ULTEGRA:284,554円
です。(Eケーブル等も含む)
旧型も当時はこんなに高くなかった気も。。。
しかし今回のアップグレードは単純な比較ではないのが今回のお話です。

現在11速の機械式(R7000、R8000,R9100シリーズ)を使用しているということであれば、旧型ULTEGRAのDi2にアップグレードする場合はそのまま使用できるパーツがあります。
カセットスプロケットとクランクセット、伸びていなければチェーンもです。
ブレーキキャリパーも既存の旧型(BR-R8070)を使うことができます。(もちろん新型に交換するのも性能的には良いと思います。)
ただしこれには油圧ならではの互換性の問題があります。と言うのもの11速のコントロールレバーと新型のブレーキキャリパーの互換性はありますが、逆に新型のレバーと旧型のブレーキキャリパーは互換性がありませんので注意が必要です。
conba
シマノ公式 互換性表より

ということを踏まえてデス。
sin2
そのまま使えるものを使用するとして考えると、フルセットよりも安く212,504円となります。

比べて新型の105にアップグレードする場合は、基本的には12速と11速は互換性がありませんのですべて交換となります。これらを考慮すると、価格的な面での差は大きくは無いようです。

またアップグレードとなると、実際の組付けにかかる工賃のお話もでてきます。
新型の105はセミワイヤレスで手間もかからず、工賃も安いのか?ということなのですが、はっきり言ってそこまで大きく変わることはありません。(と言うかほぼ変わりません。)
というのも油圧ブレーキのホースを通す作業やケーブルを抜いたりする作業はあり、それに付随してDi2のケーブルをちょちょっと通す(旧型)ぐらいで大きく時間や手間が変わるということはありません。
現行のShimanoの無線変速システム(セミワイヤレス)のメリットは組み上げの手間、と言うよりは組み上がったときのすっきり感、またハンドル周りのケーブルトラブルの防止ということのほうが大きいような気がします。

ということで工賃まで含んだお話でも、価格に大きな差はでないと言うことです。


▶メリット・デメリット
次は双方のメリット・デメリットを考えてみようと思います。
旧型ULTEGRA(R8000シリーズ)
✓スプロケ、チェーンリングのサイズが選べる
11速コンポのメリットはそのギア展開の広さです。
フロント:新型(12速)
54-40T(DURA-ACEのみ)
52-36T(DURA-ACE、ULTEGRA)
50-34T(ULTEGRA、105)

フロント:旧型(11速)
55-42T(DURA-ACEのみ)
54-42T(DURA-ACEのみ)
53-39T(DURA-ACE、ULTEGRA、105)
52-36T(DURA-ACE、ULTEGRA、105)
50-34T(DURA-ACE、ULTEGRA、105)

リア:新型(12速)
11-30T(DURA-ACE、ULTEGRA)
11-34T (DURA-ACE、ULTEGRA、105)

リア:旧型(11速)
11-25(DURA-ACE、ULTEGRA、105)
12-25(DURA-ACE、ULTEGRA)
11-28(DURA-ACE、ULTEGRA、105)
12-28(DURA-ACE)
11-30(DURA-ACE、ULTEGRA、105)
11-32(ULTEGRA、105)
14-28(ULTEGRA)

※現行のカタログより抜粋
12速化でよりワイドなカセットが主流になり、ラインナップはバッサリと減りました。
シマノ的にはワイドになって選ぶ必要がなくなった、というような話もあるようです。

またリアディレイラーのキャパの問題で、カセットの選択はより狭くなっています。
旧型のリアディレイラーはGS、SSの2展開の強みであったと言うことだと思います。

軽量
GCNでは微妙に旧型ULTEGRAのほうが少し軽量というように言っていますが、まだ実際の重量が不明のなので、サラッとだけ。

Di2のスイッチ類の充実
新型105ではブラケットトップのボタンがありませんし、増設ボタン(サテライトスイッチ)がつけられません。
ある意味これらのスイッチ系の増設や設定割当はDi2でしか絶対にできない、最大級のメリットでもあると考えています。これが旧型であれば増設もブラケット先端のスイッチも使うことができます。

✓補修パーツがなくなるのが早い
旧型コンポの最大の難点だと思います。
新型コンポよりも旧型のコンポーネントのほうが補修パーツ類の生産中止が早いと考えられます
それでもシマノは他社に比べても、かなり長く補修パーツ類をラインナップとして残しています。

ただしです。
油圧のDi2で最近の傾向ですが、補修パーツ自体がそこまで細かくラインナップされない場合なども増えてきているように感じます。

となると補修パーツというか、消耗品(ギアやチェーン等)の問題となりますが、これはかなり長くあるのではないかと思います。

✓ブラケット形状
ブラケット先端部がニョキッと長いのは新型の特徴です。比べて旧型のほうが先端が小さいです。
ブラケット先端を握るようなエアロポジションを取る際には良いというお話ですが、こればかりは使い方であったり、好みの問題もあると思います。



新型105(R7100シリーズ)
・12速であるということ
最新の12速であるということ、これこそは最大のメリットです。
基本的な性能は基本的に新しくなればなるほど、シマノはしっかりと進化させているはずです。
実施に12速になることでワイドですが従来以上に離れすぎないギア比?枚数が増えることによるメリットがあります。


・上位グレードとの互換性
アップグレード当初は105でも後々、上位グレードのパーツへと交換していくことも可能です。
特にコントロールレバーやカセットは上位グレードとの差がありますので、こう言ったところを交換してくことでもより良くしていくことができると思います。
特にスプロケはHG+等の技術もありますので、ULTEGRAを選択するのも良いのではないかと思います。

・セミワイヤレス配線はスッキリする
最初の方にちらっと書きましたが、セミワイヤレスのメリットです。
組み上げの差はほぼありません。
ケーブルが無い事自体、ケーブルにおけるトラブル(抜けや断線等)がおきません。
これはワイヤレスの最大とも言えるほどのメリットではないかと思います。
またケーブルが無いことで、内装できないハンドルでもケーブルの処理をする必要もありませんし、ジャンクションの方式等を考えたりすることありません。無線機も別途で用意することはありません。
絶対的にスッキリと仕上がります。

ただし従来のギア位置やバッテリ残量がわかるインフォメーションディスプレイ(ジャンクションA)は使えません。
ただしこれらは対応サイコンであればサイコン上に表示されることができます。がサイコン表示がパンパンな場合は、サイコン依存が強くなることは不自由を感じるのかもしれません。

・補修パーツの供給期間が長い
新しいモデルであればあるほど、補修パーツの供給は長いです。

・クランク長
160mmがあるのは旧型ではR7000のみです。
しかし新型の12速のクランクは全グレードで160mmのラインアップがあります。
短めのクランクを使いたい方は新型であればかなり選択肢の幅が増えるということです。

※ワタクシが思いついたことなので、これ以外にももちろんメリット・デメリットはあると思います。

▶まとめ
こうして並べて考えてみると、12速をおすすめする場合、また11速のほうが良い場合が少し見えてくるかもしれません。
と言うのも、やはりリアでビッグギアを使いつつも平地もそれなりにこなしたい場合、つまりワイドなギアレシオを使いたい場合、12速としてのメリットが大きいのではないかと思います。
しかし逆に平地メインであったり、ビッグギアが全く不必要な場合はというと、、、ギア比的なメリットはあまりないと思います。むしろ必要以上に大きなギアは重りでしか無い気も。。完全平地のTTなどでは特に。。。
とは言っても回転の中心位置の重量増なのでそこまで影響もないという考え方も、、、
ともあれ、使い方次第だと思います。

耐久性という面では、構造的には12速のほうが低いと考えられますが、11速もそこまで高くはないので、あくまでも想像でしかありませんがそこまで大きな差があるかと言われると微妙なところではないかと思います。

肝心要の新型の変速性能は、、、新型の105は不明ですが、DURA-ACEやULTEGRAはかなり高いと思われます。で旧型のULTEGRA Di2はと言うと、、、はっきり言って何も不満が無いぐらい優秀ですし、想像以上にバッキバキに早いです。
(しかしやはりと言えばやはりですが、各所の摩耗等の影響は大きく、美味しいところはそう長くはありません。)

ともあれまだまだどちらも供給が安定してはいません。
半強制的に十分に悩む時間もありそうですし、使い方をよく考えて選ぶのが良いのではないかと思います。
ということで今回は機械式11速からDi2へのアップグレードは新型105?旧型ULTEGRA?どちらがよいのか?メリットやデメリット等を広く考えてみたら、、、というお話でした。



GCN Tech動画


+++++++++++++++++++++++
8月の店休日のお知らせ
8月12日(金)~12:00まで営業
8月13(土)14日(日)
8月23(火)~25日(木)
上記期間は店休日となります。
+++++++++++++++++++++++

++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(一人運営のため整備中、接客中等 電話を受けれない場合もございます。その際はお時間を開けて再度ご連絡を頂ますようお願い申し上げます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから