image23370

先日自分の自転車のメンテをしました。
BBをShimanoのBBに交換したのですが、クランクを外しBBを交換するついでにフレームをきれいにしだしたら勢いが付きコーディングをし、そのままチェーンを変え、、、久しぶりにまとめてがっつりとメンテナンスをすることに(笑)
ということもあって今回はShimanoのBBとNINJA、いわゆる社外製のBBについてダラダラと書いてみようと思います。

※BB=ボトムブラケットです。

富士ヒル仕様からの変更です。


TOKENのBBに使われているベアリングは2種類(TBTとプレミアム)あり、安い方のグレードのベアリング(プレミアム)を使用しているモデルでもかなり回転が軽いです。
とは言っても乗ってその差がわかるかと言われたら、、、難しいところです。

▶社外製のBB
一般的にはBBは回転(空転)が軽いほうがシールド性能が低く、耐久性が高くない傾向にあります。もちろん種類や構造によっても差はあります。
と言うのはTOKENのBBだけのお話ではありません。
またBB内のベアリング性能だけのお話ではありません。
DSC_7437
というのは、バラして見てみるとよくわかります。

DSC_7442
外したBBです。
TOKENのNINJA BB(LITE)ですが、カートリッジべアリングの外側にシールがもう一枚ある構造、これは他社製品でも極めてよく見る構造です。カートリッジベアリングにさらにシール、というのもシール(耐塵耐水)性能向上、またクランク組付けの(許容範囲内での)調整の目的等が考えられます。

ではベアリング性能以外の部分ではと言うと、、、
DSC_7447
クランク軸にサビが発生しています。
これは何かというと、ベアリングに発生したサビがクランク軸についている状況です。

ではなぜベアリングが錆びるのかということですが、これは単純で水分の侵入があるからです。クランク軸づたいに侵入した水分がベアリングを錆びさせた、と考えられます。BB内部のベアリングとクランク軸は水も入らないほどピッタリとハマっている、ということではありません。ベアリングとクランク軸の隙間には水分が入るぐらいの隙間はあります。
と言うのも金属同士で本当に水分が入らないぐらいの交差(隙間)の設計にしてしまうと、それこそクランク軸を通すのがかなり困難になりメンテナンス性が著しく落ちます。
ですのでクランク軸はつけ外しができるぐらいの設計で作られているということです。

▶NINJA LITEの特徴
NINJA LITEはカップが樹脂製で、更に取り付け・外しがし易いようにフレーム接触面が加工されています。この加工構造より取り付け外しが容易にできるということがメリットでもありますし、樹脂製のボディは金属製よりも軽くできます。
しかし故の不安点もあります。
外すときに固着していたら、要はめちゃくちゃ固くなってしまったらどうしようかということです。
はっきり言って樹脂製のボディは工具をかける”ツバ”の部分まで樹脂製で、金属に比べて明らかに弱いです。外そうとした際に固着したり、それこそフレーム側の設計がきついフレームで力をかけてなめたら、、、という懸念点がありました。
と言うのも以前のNINJA BBで全く逆のパターンでBBは金属、工具が樹脂製できっついフレームに取り付けた際に、樹脂製工具側がづるづるになってしまった事があったからです。
と少々不安になりつつもしも固着したり、ツバがなめてしまったときの外す方法を考えていたのですが、今回は取り付けもまったく固くなく、取り外しも問題なく行うことができました。
実際にやってみて思いましたが、この構造は非常によくできていると感じました。

しかしです。
これはメリットでもあり、デメリットにもなり得る可能性も考えられます。と言うのもBBに施された加工によりフレームとの接触面が狭い、ということです。これは剛性が出にくいのでは?ということも考えられなくはありません。悪く言えばBB本体とフレームの接触が甘い、樹脂ボディのBB自体の剛性が低い、ということで脚には優しいかもしれませんが、ダイレクト感や剛性が落ちる等の可能性も考えられなくはありません。(おそらくですがこの構造は結合式でしかできないのでは?とも。)

左右結合式BBの代表的なWISHBONEを入れ踏んだときの回転の良さ、クランクがストンと落ちる感覚は精度もさることながら、剛性の高さも関係しているのではないかと考えております。
WISHBONEを入れると一踏み目から違いがわかる方が多いようです。この感覚はワタクシ自身も過去のフレームでは実感しております。
BMCのSLRにWISHBONEを入れたことはありませんが(これ以上固くしたくないため(笑)、ShimanoのBBから結合式のNINJA LITEに変えたとき、整備上は明らかに回転は軽くなったのですが実際に踏んだ瞬間、一踏み目の差はというと、わかりませんでした。これはフレームのBB周りの剛性が十分すぎたのか、NINJA LITEの構造的な剛性の問題等なのかは不明です。

ということなのですがこれは実際に乗ってぬるいとか、回転がイマイチとか感じることはありませんでしたので、あくまでも構造的に考えると、ということです。

と言うのはNINJA LITEの構造的なお話で、これらを踏まえてShimanoのBB86(SM-BB92)です。


▶Shimano SM-BB92-41B
ShimanoのBBを見てみます。
DSC_7486

ベアリングは樹脂製のシールに覆われています。
ベアリングシールだけではなく、基本的に本体は樹脂のパーツで作成されています。
DSC_7489
新品のパーツを見ることはとても大切なことだとも考えております。
このBB86は内部にグリスが入っていますがこれはなぜか?ということです。

まず1つはBB内部には隙間のような部分がありますが、ここにグリスが入るようになっているようです。おそらく防塵、防水性の向上のためだと思われます。

そして2つ目、もともとこの位置にグリスがあることで、クランクを取り付けの際に軸を突っ込んだときにグリスがクランク軸に付着します。
公式マニュアルには左側クランクと、クランク軸の接触部にはグリス塗布の指示があり、またクランクキャップにもグリス塗布の指示があります。新品の構造からして、BB内部のこの位置にグリスがもともとあることで、仮にグリスをたさずとも適正なところにグリスがある程度は付着するようになっているとも考えられます。
逆にパワーメーター付きのクランクは、クランク軸内部に端子がありますのでグリスが入ることを良しとしません。ですので端子部にグリスが入らないようにスピンドルカバーを取り付けたままクランク軸を突っ込むというのがマニュアルどおりの組付けです。

ということなのですが、実は圧入工具の種類によってはBBの取付時にグリスが工具にある程度持っていかれてしまう場合もあります。ですのでやはり組付けの際はやはり適切な位置に、適切な量のグリスがあるかどうかを確認をしたほうが良いと思います。

ShimanoのBBはセンターにインナーカバースリーブ(センタースリーブ)と呼ばれるものがあります。
DSC_7491

公式のマニュアルでは、BBシェルに開口部がある場合、異物の侵入を防ぐためにスリーブは必要ですが、開口部がない場合にはスリーブなしでもOKということになっているようです。
ですが、実際には現在の内装式フレームは内部、特にBB周りはごみごみしがちです。
クランク軸は実際に回転しますので、万が一内部を通っているリアのブレーキホースであったり、Di2ケーブルなどが接触してしまうことはあまり好ましいことでは無いと思います。(特に旧型のDi2)
また構造的に考えればBBシェルの開口部だけではなく、雨や洗車で水が入りやすい構造もあります。
ですのでスリーブはそこまで重いものではありませんので、付けれるのであればつけておいたほうが良いのではないかと考えております。

BBを圧入後はクランク軸を通します。
クランク軸を通してみるとわかるのですが、ShimanoのBBはクランク軸をベアリングに直接突っ込む構造、前述のNINJA等のBBよりも明らかに硬いのです。
物によっては最後まで全然入らないぐらい、叩いて入れるぐらいのきつさの場合もあります。(BBだけではなくクランクやフレーム側の精度、、、?)

これはBBの内側を樹脂で作ることでより交差を小さく(要はギリギリにきつい:クランク軸とBBの隙間が狭い)しているためだと考えられます。
これにより防塵防水性を高めることができますし、クランク軸の保護にも繋がります。
(基本的に隙間、ガタは痩せにつながること場合もありますし、前述のようにベアリングからのサビがうつる場合もあります。)
そしてベアリングの高いシール性能だけではなく、ボディを樹脂で作ることで軽量(54g)かつ、音鳴り異音やガタ対策も兼ねています。Shimanoの純正のBB86は圧入式でありながらも、音鳴りの問題が比較的でにくいBBです。
これらの構造もありShimanoのBBはクランクとの相性もよく、驚異的な長寿命を誇っているということだと考えられます。

ShimanoのBBといえば他社製品との比較で回転悪っ!(空転)と見て触って体感できるためのディスプレイされているものを見かけることがあります。しかしShimanoのBBが悪い製品であるなんて事はありません。
要は思想設計がどこを向いているか?ということでありBBは特にですが、まさにShimanoっぽさがあふれる構造になっているということです。


▶まとめ
ShimanoのBB86といわゆる社外製のBBの違いです。
ShimanoのBB
・メンテフリーで長寿命
・クランクとの相性も非常に良い(純正なので当然ですが、)
社外製のBB
・回転性能が高い
・取り付け外し方法の違い
もちろんどちらが優れているかというと、何を求めるかによって変わってくると思います。

では今回NINJA LITEからShimanoのBBに変えてその違いは?実際に乗って感じる違い、ですが、、、
正直なところ、多分目をつぶったらわからないぐらい、若干ShimanoのBBのほうがよいかも?(気持ち的な問題?)ぐらいのものでした。そう、大きな差はわかりませんでした。m(_ _;)m

ということで今回はShimanoの圧入式BB BB86 SM-BB92-41BとTOKENのNINJA LITE(社外製BB)の話でした。


関連記事


++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(一人運営のため整備中、接客中等 電話を受けれない場合もございます。その際はお時間を開けて再度ご連絡を頂ますようお願い申し上げます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから