ワタクシは基本的に寒さにめっぽう弱いはずなのですが、どんなに寒くても雪が積もっていなければ冬でも外を走りたい。という派なのです。
だからと言っても寒いのが好きなんてことはなく、冬は基本的に苦手ですし、あわよくば春→夏→秋→夏、、、でもいいぐらいだと考えているぐらいです。
ですが走りたいものは走りたいのです。

ということで1年中に渡って外を走り回るワタクシが考える、これからの寒くなる時期、寒さに負けないウェアの選びのポイント、そんなお話です。
image4747

▶何はともあれ冬のウェア選びは最重要
ウェアの選択はこれからの冷え込む時期の最重要課題です。
と言うのも夏は暑いので半袖や薄着で脱ぐにしても限界がありますので、ある意味そこまで難しくはないと思います。
しかし冬ともなると一転します。寒い時期のウェア選びを失敗すると、とにかく止まっても寒い、動いても寒い、寒くて体も動かない。。。本当に地獄のような体験をすることにもなってしまいます。
ですので体感気温に合わせた適切なウェア選びが必要になります。

しかしです。
なぜそんなにウェアの選び方が難しいのかというと、体感気温は個人差がかなりある、ということがあるからです。
一昨年ぐらいの氷点下の朝、半パンで湾一をしている方をみて思いました。絶対に勝てない。。。と(笑)寒くない方は寒くないようです。

ですので自分の寒さの感じ方に合わせた適切な選択が基本になります。
そんな事を言っては元も子も、、、ということなのですが、こればかりはどうしても。

ワタクシの場合は、あまり参考にはならないかもしれませんが、、、
このぐらいです。

5℃ぐらいになってくると、流石に防寒グローブが無いとレバー操作に支障が出ます。レバーの操作が不自由になってきた頃、防寒グローブへと切り替えます。
というどちらかというと薄着派です。ですが足先だけは異常なまでに寒さに弱いので足先だけはカバーします。


という一例ですが、ウェアの選び方は気温や体感気温だけではありません。
ではそれ以外で何をウェア選びの際に考慮するのか?ということで気温以外で考慮するべきことです。

▶気温以外の考慮事項
①強度
例えばですが、ゴリゴリ高強度で頑張り続けるような強度の高い練習の際は、薄着でもそこまで寒さを感じにくいと思いますが、逆にLSDやゆるポタ強度で走る時は同じウェアを着ていたとしても寒さを感じる場合が多いです。
ですのでどういった強度でどのぐらい走るのか、ということもウェア選びの際に考える必要があります。

②天気と時間
天気予報は気温だけではありません。
体感気温に大きく影響があるのは、晴れているのか曇っているのか空模様、風の強さ、雨等も考慮するべきことです。
極寒の冬でもバリバリ外で実走!という方は多くはないと思いますが、曇と晴れ、要は太陽がでているか否かでも体感気温は大きく変わってきます。ワタクシの経験上では晴れと曇の日では体感気温の差は3~5℃ぐらいの違いがあるように感じています。
また常に移動しているロードバイクでは風の影響も大きくはありませんが、それでも木々の生い茂った林道よりも北風吹きっさらしの場所は寒く感じます。

また雨はとにかく寒いですが、体が濡れるのは雨だけではありません。
路面が濡れている場合。巻き上げた雨水でお尻が濡れるだけでもガンガン体温を奪われます。また霧も体を濡らします。昨年のデスライドは濃霧のせいで体が冷えすぎたからでした。
基本的に体が濡れないように物理的にガードするということです。泥除けやウインドブレーカーも濡れる前に使う、これがものすごく大切なことです。少しでも我慢したりタイミングを逃して、体が濡れてしまってから着てはその効果がだいぶ落ちてしまいます。
DSC_8079

時間も大切です。
日の出ている昼間は暖かくても、日が落ちたあとも走るような場合は昼間とは一点、ものすごく寒くなるときもあります。装備は走行時間に余裕を持って、帰宅次亜kン等も考慮して一番寒いときを考慮して準備選択するのが良いと思います。

③コース
コースによっても調整が必要です。
平地メインであれば、特に問題がない場合もあります。
しかし山が入ると全く変わります。
上りは暑くなり、下りは寒いです。
単純に強度的な問題もありますし、標高が上がれば上がるほど気温が下がるから、と言うこともあります。
よく言われるのは100m標高が上がると0.6℃下がる、ということです。
例えばですが富士山、河口湖付近標高800mちょっとですので、標高0mと比べて4.8℃低く、更にそこからスバルラインを上り5合目2305mにつくと、約9℃気温が下がります。
DSC_7193

これらの問題を回避するの方法として脱ぎ着がし易いように、重ね着をする。というのが超王道になっております。
しかしです。
そこには注意も必要になってきます。

▶ウェアを収納場所を確保する
前述のように、ウェアの脱ぎ着が重要ということです。
ですが、肝心要がせっかく重ね着で調整しやすいようにしたとしても、脱いだウェアを携帯できないと残念極まりないことになります。
ということは、あまりにもかさばるものは脱ぎ着のためのレイヤーとしての役割は少々厳しい場合もあります。

脱いだウェアの収納場所はバックポケットだけではありません。
サドルバッグ、ツールケース、ビブのお腹の部分に入れたり、サドルレールに縛ったり等様々な方法があります。

様々な場所に携帯することは工夫次第ですが、絶対に落ちて車体に絡まることがないように注意が必要です。


▶防寒ウェアの基本
基本的なことですが、寒さに対する防御力を上げる方法です。

①防風素材は諸刃の剣
常に風にさらされるロードバイクでは風を遮るだけでもかなり暖かくなります。
しかしです。
風を完全に遮断するとなると、強度が上がると暑くなりすぎてしまうこともあります。
また風の遮断は少なからず汗の抜けを悪くする傾向にあり、速乾のインナーを持ってしても乾くのが遅くなる傾向にあります。

②厚みは正義!
寒いときの基本ですが、厚みは暖かさに直結します。
ペラペラのウインドブレーカーよりも中綿や羽毛が入ったダウンは確実に温かいです。
またあんなにうっすいメッシュのあみあみ系のインナーでも一枚あるだけでも全然暖かさが違います。
厚みは正義です。

③呼吸を温める
本当に寒い時は吸気で肺から冷えていくようなイメージです。
バフやマスク等で吸気で冷たい外気を吸わないことは内側から冷えることをある程度防いでくれます。

顔まで覆うのは寒いときのイメージがありますが、気温はそこまで低くないけれどもつい薄着で出てしまった、そんな時はマスクをするだけでも寒さが少し和らぐ場合もあります。

ただしです。
気温差で湿って呼吸が苦しくなったり、0℃を下回ると呼気で湿ったマスクの外側が凍ります(笑)

▶まとめ
ワタクシの経験上のお話ではありますが、凍えるぐらい寒さで辛さを感じるぐらいならば、エアロを犠牲にしても厚着をしたほうが速く長く走れます。
寒すぎるの状態は本当に辛いですし、パフォーマンスどころの話ではありません。

またワタクシの場合はどうしても外を走りたい派なので寒くても外に行ってしまいますが、凍結するほど寒いときは危険もともないます。また寒さがつらい時期は特にですがわざわざ外にいかずとも、思い切って外を諦めズイフトで室内サイクリング!というのも全然ありだと思います。
ケースバイケース、辛いとモチベーションも上がりませんので、辛すぎないこと、楽しいことを長く続ける、これがとても大切なことだと思います。
ということで今回はこれからの寒くなる時期、寒さに負けないウェアの選びのポイント、そんなお話でした。

フェンダー、ウインドブレーカー、シューズカバーは防寒のための三種の神器⁉デス。


++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


Chain Reaction Cyclesはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(一人運営のため整備中、接客中等 電話を受けれない場合もございます。その際はお時間を開けて再度ご連絡を頂ますようお願い申し上げます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから