本記事は過去の記事を更新させていただき、さらに内容のパワーアップをさせていただいた記事となります。
+++++++++++++++++++++++++

どうしても整備に不慣れな場合に多いことで、ボルト(の頭)をなめてしまうことがあります。
基本的にボルトをなめることはある意味簡単なことですが、なめたボルトを外すのはかなり大変な場合が多々あります。そう壊すのは一瞬、直すのには時間がかかるものです。

ではなぜなめてしまうのか、なめないためには、そしてなめた場合はどうするのか。そんなお話をまとめてみようと思います。

ということで今回はロードバイクのボルトをなめる問題について考える話、です。

image41580


▶ボルトをなめる原因
まずはなぜなめてしまうのか?ということです。

・工具の使い方
ボルトのなめの原因の一つが工具の使い方に問題がある場合です。
例えばですが、工具がしっかりとかかっていないのに力をかけてしまう、浅くかけている(奥まで工具が入っていない)状態で強い力をかけてしまいズルっといってしまう、ということです。
ロードバイクでは六角の穴付きボルトが多く使われています。六角レンチを使う場合でも最後まできちんとボルトの頭に刺さっていない状態で回す、もしくは斜めに入っていたり、力のかけ方が斜めになってしまっている状態で力をかけることで、ボルトの頭の六角をズルっとなめてしまいます。

また過剰トルク、要は締めすぎも少なくありません。
過剰トルクはボルトを締める時だけではありません。例えばですが通常の六角ではなく、ボールポイントの部分で硬いボルトを緩めるということも、ボルトを痛めることになる場合もあります。特に小さいサイズのボルト類やアルミのボルト(ボトルケージ用の軽量ボルト)では要注意です。
大きなトルクを掛けたいのに、短い工具を使うと言うのはお世辞にも適切とはいえません。
こう言ったことは力が正しくかけづらく、失敗につながる可能性が上がります。


・工具の精度が悪い
比較的安価な工具は精度がイマイチな製品もあります。また逆に高級な工具でも使い込まれることで先端の摩耗が進んでいるような工具は力がかかりづらく、なめやすい傾向にあります。
少なくともロードバイクの整備でよく使う工具の六角レンチは名のあるメーカー名の製品を使うことをおすすめ致します。小さいサイズの六角は特にです。
整備になれていないときこそ、できるだけ良い工具が良いです。
(よくわからない激安の家具の組み立てについてくるような工具はあまり良いものを見たことがありません。)

ある程度以上の工具であれば、そこまでひどいものはありません。
あとはサイズ、適材適所、工具選びです。
場所に合わせた適切な工具を使う、これもものすごく大切なことです。(同じ六角レンチでも様々な形状の工具があります。)

・ボルト側の原因
ロードバイクでよくあることですが、ボルト側に問題がある場合もあります。例えば2mmとかの小さいボルトがサビ等で固着している、この組み合わせはかなりなめやすいです。

小さいボルトはそこまで大きなトルクに耐えられるようにできていないものもあります。
それが完全に固着してしまっている状態で無理やり回そうとすれば、どんなに良い工具を使っても、どんなに気をつけても物理的にボルト側(の頭)が負けてしまう場合があります。
固着の硬さがボルトの頭の六角の部分の強度を上回ってしまう場合です。

またボルト自体が柔らかい素材の場合もあります。
軽量化のためのアルミのボルトなども使われている場合もありますのでこちらも要注意です。


▶ボルトを舐めないようにする方法
これは原因の部分とかなり重なる部分がありますので、サラッとです。
精度の良い工具を、ただし使い方法で使うということです。
ボルトはできるだけ回しやすい状態で確実に作業を行うことで事故を減らすことができます。

また固着は特に注意が必要です。固着している場合は固着を如何にゆるくするか、ということが大切です。

そして最後はなめかけたボルトを再度使用しない、ということです。
これは実際によく見ることですが、なめかけたボルトは非常に危険です。適正トルクをかけられない場合もありますし、締めることが出来ても今度は外せなくなってしまうことがあります。
なめかけたボルト、気がついたら直ちに使用を止め、交換することを強くおすすめ致します。

▶なめたボルトを外す難易度
なめたボルトを外す方法はこれは絶対にこれ!という解はなく場所、構造、ボルトの種類等によっても変わってきます。

基本的にM4とかM5とかボルト、軸の太さがあるものは抜きやすいです。また通常の六角穴付きボルトのように頭が大きく、外側からつまめる場合は難易度は低いです。
PXL_20230221_014214122
※珍しくネジザウルスが役に立った例です(笑)

しかしロードバイクの場合は多くは小頭やテーパーヘッドのボルトでボルトの頭は奥まったくぼみに収まるタイプが大きいです。この場合は難しくなります。

ネジ自体の太さも重要です。M2とかで軸に太さがないもの、また皿ボルトのようにボルトの頭の掴みどころが無いものは難易度が上がってきます。頭の部分がないイモネジ等は、、、かなり厳しい場合もあります。
PXL_20230222_055013614
小さな頭やかかりの浅いボルトはなめやすい傾向にあります。(GIANTの一部、cervéloのハンガーのボルトは要注意です)特にトルクスなどもなめやすく外しづらい場合が多いです。

構造や場所的な問題もあります。
ボルトの頭に十分にまっすぐアクセスでき工具がかけやすく力かけやすいボルトはまだしも、まっすぐにアクセス出来ないボルトの難易度はあがります。
例えばですが、ボトルケージのボルトです。フレームサイズやボトルケージ台座の位置にもよりますが、シートチューブ下側のボルトが外しづらい場合が多いです。

また固着ボルトを外す手段として、衝撃を与えると言う方法もあります。叩いて外す工具もあるにはあるのですが、基本的に使える場所はかなり限定されてしまいます。
当然カーボンや薄いアルミに固定されているナット類を叩くことはできませんのでロードバイクとしては有効な手段とは言いづらい場合が多いです。

ですのでロードバイクのなめたネジを外すための方法は限られている場合が多いです。


▶最終手段
どうしてもなめがひどい場合はと言うと、ボルトを壊すしかなくなってしまう場合もあります。最終手段は壊す、破壊して抜去するということなのですが、そこには注意点もあります。ボルトを壊しやすい部分はどうにでもなりますし、ある意味壊してでも外すことができれは良い方です。
DSC_9595
ボルトは替えがききますが、交換できないパーツ等の場合もあります。

こればかりは実際にやってみないことにはなんとも言い難いところで、メカニックとして非常に辛い決断をしないといけない場合も中にはあります。
つまり正直なところなめたボルトは100%が全部が全部完璧に抜去できるわけで無いということです、

▶だめになりやすい3種類のボルト
①小さなサイズのボルト
前述のように細いボルト、小さなボルトは舐めやすい傾向にあります。
ほんの一例のご紹介です。ディレイラーハンガーに使われる小さなボルトは構造によっては、ホイールのエンドで頭が潰れてしまいがちな場合もあります。
他にはリムブレーキのシューの抜け落ち防止ボルトです。これは2mmという超極小のボルトですが、ネジロックがかなりきつく使用されています。工具を浅くかけて回したり、精度の低いボールポイントで力をかけると簡単にズルっといってしまいます。

②錆びやすいボルト
あとは車体の下部(裏側)のボルトです。
地面からの水分や、汗、スポーツドリンク等の影響を受けやすい場所であることがあります。これらのボルトは例えある程度の太さがあっても、サビ等による影響で固着が強く舐めやすい傾向にあります。DE ROSAなどのBB下の蓋のボルト、これはかなり状態が厳しいものが多い気がしております。

③締め付けトルクが高いボルト
一例ですがクランクのクランプボルトです。
ロードバイクのパーツ類の中でも、比較的指定の締め付けトルクが高いボルトです。こちらのボルトは2本締めで2本のボルトを交互に締め付けていくことで適正なトルクをかける必要があります。焦らず確実な作業をすることが大切です。


▶まとめ
基本的にロードバイクのボルトはかなり小さなものが使われている場合が多いです。そして汗やスポーツドリンク、水分による錆の影響等にもよって固着の問題が少なくありません。ボルトの固着はかなり根深い問題です。
ボルトのなめを防ぐためにも、まずはボルトを固着をさせないようにすること、どこでもかしこでもグリスを塗りたくればよいわけではありませんが、必要な部分には適切な量を使用するということです。そしてボルトを舐めないように、整備をする際は焦らず確実に行うこと、これらを徹底するということです。
一例ですが、BB下にサイズの小さいボルトを使用している場合、かなり要注意です。

そして怪しい場合はということですが、
・下手に頑張りすぎたり、いじらない
・もしも運良く外れたら絶対に再利用しない
・早めにプロに見せる、お店に持っていく
これらは大切なことです。

ということで今回はロードバイクのボルトをなめる問題について考える話、そんなお話でした。
関連記事




+++お知らせ+++++++++++++++++
誠に勝手ながら、下記の期間を店休とさせていただきます。
2023年2月23日(木)、24日(金)
休業期間中のメールのお返事等は翌日より、順次行わせていただきます。
ご不便をおかけし申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから