Panaracer AGILEST FASTの過去の記事はこちらからどうぞ。




AGILEST FAST、かなり良いです。
ということなのですが、ついに1本目のAGILEST FASTが交換時期がやってまいりした。

どの程度使えたのか、交換時期の目安等に関してのお話にしてみようと思います。




まずは状態からです。
リア:
PXL_20240407_221513387

PXL_20240407_221525036.MP
トレッド面の傷が増えて、目立つようになってきました。

PXL_20240404_065022518
スリップサインはこんな感じです。

PXL_20240407_221700682
まだ限界、というわけではないと思いますが、交換することにしました。

というのもハイエンドのレーシングモデルを擦り切れるまで使うというのも、なにか違和感があります。
また交換に至った理由はというと摩耗ももちろんのこと、傷が増えてきたこと、トレッド面の摩耗でしなやかさが減ってきたと感じていたからです。


フロント:
PXL_20240409_024849487.MP

PXL_20240409_024818930
一方のフロントはというと、まだまだ使えそうです。
傷もないわけではありませんが、リアとは違い摩耗も少なく状態も悪くないのでフロントはこのまま継続使用をすることにしました。

実際に走行してきた距離はというと、約3400kmまではもたなかったぐらいです。

ひどくなければ雨の日やウエットも走りますし、お世辞にも路面がきれいなところだけではなく、というかむしろかなり路面は汚くてもゴリゴリ走ります。
そしてこの傷の入り方でも最後までパンクをすることはありませんでした。

ワタクシ自身はパンクが多いわけではありませんが、それでも耐パンク性もノーマルのAGILESTより強く、十分なのではないかと思います。


次もこちらです。
PXL_20240407_221950953.PORTRAIT
やはり良いのです。

PXL_20240407_222038199
最近のクリンチャーの中では重めの分類に入るかとは思いますが、平地がメインですので問題ありません。激軽のTPUチューブを使いますし、リムもそこまで重いものではないからです。

リム周り重量の最適解、これも難しいところです。リム周りが軽すぎると漕ぎ出しや踏み込んだ瞬間の反応は抜群に良いと感じます。短い距離の試乗などでは非常に印象が良いです。しかし長い距離や長い平地の巡航ともなると軽すぎるリムは速度の維持がきつくなる場合もあります。

とは言っても昨今のかなり軽いリムであれば、重くするのはチューブを変えたり、タイヤを変えれば重量を増やすことはいとも簡単にできます。もちろん軽くするのは一定レベル以上はかなり大変です。ですので、やはり軽量のリムモデルは選択肢が広くなるという意味でも、良いと感じています。

そして新品のタイヤです。
離型剤?”ろう”のようなものが少々悩みのタネではありますが、それでも走り出した瞬間からやはり新品のタイヤの良さをしっかりと感じることができます。
細かな振動や衝撃を柔らかく、しなやかに動き、安定したグリップ感も非常に良いです。

ちょっと現時点ではなかなか他に移るのが難しいぐらいのAGILEST FASTですが、サイクルモードではTLRの話も出たということです。
非常に楽しみなことです。
ということで今回は【2本目】AGILEST FAST CL 28c 使い切って交換した話でした。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから