えふえふぶろぐ

ロードバイクのパーツインプレから、メンテナンス等ロードバイクを中心に自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。
サイクルウェア・パーツ類は楽天ページへ、メンテナンス・整備のご相談はFF-Cycle店舗までお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリ: インプレッション

フロントホイールを重くて非エアロ系に変えるとどうなるのか?前回までのお話はこちらから 全3回と思いきや、実は続きが合ったのです。。。というのは完全に後付けですが・・・(´=ω=。)ホボソッ...てっつぁん 逃げライマー修行中@ff_cycleフロントまで、、、呪いか??(笑) ...

カッチカチは正義か!? PRIME Primavera 軽量カーボンサドル 前回のお話はこちらから すっかりとショートノーズに食われ気味、というかもはやある意味、絶滅危惧種となりつつあるナロータイプのサドルです。ショートノーズが悪いわけではありません、残念ながらワタクシには ...

速く走るために本を読む 栗村修のいちばん身につく 最強 ロードバイクトレーニング今回もロードバイクのトレーニングに関しての書籍で、いわゆる機材面・ハードウェア的なお話ではなくてフィジカル面でいわばソフト的なお話です。(むしろどちらかというとハード的なところは ...

ナローサドルは絶滅危惧種?サドル探しで苦労する前回までのお話です。 どうにもこうにも幅広が合わないようです。すっかりご無沙汰だったサドル、パワーを引っ張り出してローラー台で使用して見るも、完全敗北デシタ。。。その広さ、安定感が売りのショートノーズサドルも ...

TOKEN VENTOUS Zenith カーボンTLRホイール リアも実戦導入 その効果は?前回までのお話はこちらから。 その後、リアホイールはやはり初期不良ということで新品交換となりました。代理店の素早い対応にて無事にリアホイールを受け取ることができました。届いて再びセットア ...

ロードバイクのホイールを前輪だけ交換してみた、、、その結果は!?前回までのお話はこちらから。 前回のお話の通り、不慮の事故により急遽リアホイールがご臨終となってしまいました。しかしたとえホイールは壊れようとも、ワタクシには借り物のWISHBONEのHeliumがあるで ...

【神器級!?】筋膜リリース マッサージガンの効果に驚愕した自転車の練習と切っても切れないもの、それはキツければきついほどその後、練習後に辛い思いをする場合があります。それは筋肉痛であったり、足のだるさ、重さ等ひどい時はしびれるような感覚にまで至ります。こう言 ...

続 IRC 新FORMULA PRO TUBELESS S-Light 更に経過した状態S-Light関係の記事はこちらから。 前回はフロントだけでしたが、リアもS-Lightに交換しました。そして月日は流れて、、、フロント、組み付け時4ヶ月半を越え、走行距離は6000kmに近づいております。リアに関しては、 ...

EFFETO MARIPOSAのSHELTERでフレームを守る!フレームの傷、どうしても避けづらいものがあります。代表的なところはチェーンステーですが、cervéloの場合はチェーンステーに専用のプロテクターが付きます。ですのでチェーンステーの傷はしっかりと防いでくれますが、問題は ...

Simple is not the best!Di2の超絶便利なオプション装備のご紹介Di2(電動変速)は初期投資(導入コスト)は機械式よりも少々かかりますが、その安定した超絶正確な変速性能、便利さは一度使うと機械式に戻れなくなる、というのはよく聞くお話です。しかしです。Di2のメリッ ...

DURA-ACE BR-R9100とBR-R8000はどう違うのか?追記いたしました。ワタクシ自身、R8000系いわゆる現行型ULTEGRAグレードのブレーキはダイレクトマウントも含めて、かれこれ3年位使ってきたと思います。確か2018年にレッドのG7に乗り換えた際に8050を入れたと記憶しております ...

ハンドルをまっすぐに、ブラケットの高さをビシッ!と揃える調整方法例えばです。ステムを交換した、ハンドルの高さや、ポジションを少しいじって、、、そんなときのお話です。まっすぐに合わせたはずなのに乗ってみると曲がっている気がする。。。右目で見ると真っ直ぐなの ...

迷ったらとりあえずこれ!ZEFAL Pulse A2 ボトルケージのご紹介過去のボトルケージネタはこちらから。 Zefal Pulse L2 高コスパの軽量カーボン製 ボトルケージ : えふえふぶろぐZefal Pulse L2 高コスパの軽量カーボン製 ボトルケージ ボトルケージと言えば最近はこちら不 ...

ロードバイクのハンドル幅 404mm→380mmへと変更した影響は??第1段はこちらから。 先日ハンドル幅を420mmから380mmに交換致しました。 とは言っても実際に40mm狭くなったわけでは有りません。サイズ表記方法が変わりましたので、ブラケット部で24mm、ドロップエンド部で20m ...

気がつけばキャットアイ、、、キャットアイ社製品を選ぶ理由なんだかんだで行き着くところ、、、ある意味終着点でありゴールのようなものです。まったくもって個人的な意見ですが、ロードバイクでももちろんあります。決して多くはありませんが、数少ない中の1社がライト類の ...

続 IRC 新FORMULA PRO TUBELESS S-Light 2ヶ月経過後の話前回の記事はこちらから。 前回組み付けてから早2ヶ月、内外含めて3000km以上は使用してきました。今回はフロントのみで使用しておりますが、組み付け時、初期の感想と少し変わったところもあります。ということとで今 ...

ロードバイクのカーボンハンドルの良さ 経験者がカーボンハンドルを語るカーボン製のドロップハンドルです。現在販売されている多くのドロップハンドルがありますが、素材は大きく分けて2種類、アルミとカーボンです。もちろんメリット・デメリット双方あります。そして今回 ...

Swiss Stop カーボンリム用ブレーキシュー BLACK Princeの経過と寿命使い始めは昨年の10月の最後でしたので、ほぼ11月からということです。あれからはや、、、まるっと7ヶ月以上が経過しました。その間約9000km走っていたようです。(内外含めて。)スイスストップの減りは早 ...

air bone エアボーン ZT-A15クイックポンプヘッドに交換ポンプヘッドとはフロアポンプのホースの先っちょについているバルブと接続するための部分です。ポンプ自体の性能差はそこまで大きくはないものが多いと思いますが、ポンプの使い勝手を決めるのは殆どのところポンプヘ ...

↑このページのトップヘ